仮想通貨などの投資においてはさまざまなトレード手法が存在しますが、その中でも数秒から数分というごく短時間で仮想通貨の売買を繰り返すのが「スキャルピング」と呼ばれる手法です。スキャルピングは一つ一つの仮想通貨の利益は小さいものの、その分損失も抑えられるので、ローリスク・ローリターンを狙うプロのデイトレーダーから初心者まで幅広い人気があります。本ページではスキャルピングの手法や仮想通貨を稼ぐコツ、おすすめの仮想通貨取引所などをご紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨におけるスキャルピング手法とは

仮想通貨スキャルピングとは1日の短い時間に何度も売買を行い、わずかな利益を積み重ねていくトレード手法のことです。スキャルピングはFXのデイトレーダーに人気の売買手法ですが、基本的に「安い時に買って高い時に売る」を繰り返すだけなので、仮想通貨スキャルピング初心者の方でも挑戦しやすいというメリットがあります。また、スキャルピングは少ない元手で始められるのも仮想通貨スキャルピング初心者におすすめできる理由の1つです。ただ、スキャルピングは1日のトレード回数が多くなるため、投資に割くためのまとまった時間が必要になります。

仮想通貨スキャルピングは一定以上の値動きさえあれば、どのような仮想通貨に対しても有効です。むしろ、超短時間で売買を繰り返すスキャルピング手法においては、価格変動が激しい仮想通貨は非常に適した投資対象であると言えるでしょう。また、仮想通貨は基本的に24時間365日取引が行われており、ストップ高やストップ安がないのでその分チャンスをつかめる可能性も高くなります。

仮想通貨のスキャルピングで稼ぐコツ

仮想通貨のスキャルピングで稼ぐにはどうしたらよいのでしょうか。ここでは仮想通貨のスキャルピングで稼ぐコツを2つご紹介いたします。まず1つ目の仮想通貨スキャルピングのコツが、「利確と損切りのラインをはっきりさせておく」ということです。利確とは「利益確定」のことで、仮想通貨を売却して実際に利益を得ることを言います。また、損切りとは利確の反対で、仮想通貨を売却して損失を確定させることを言います。

では、なぜ仮想通貨スキャルピングで利確と損切りのラインを決めておく必要があるのでしょうか。それは仮想通貨スキャルピングにおいて決めておかなかった場合をイメージすれば簡単に理解できます。もし利確のラインを決めておかなければ、「値上がった時にさらに値上がるだろうと期待したが、結局そのあと値下がって損をしてしまう」という失敗パターンに陥りやすくなります。また、もしスキャルピングの損切りのラインを決めておかなければ、「値下がった時にまた値上がるだろうと期待したが、結局値上がることなく値下がり続ける」という失敗パターンに陥りやすくなります。

人間は欲深い生き物なので、利益が出ると「まだいけるだろう」と思ってしまったり、損失を出すと「なんとかして取り返そう」と思ってしまったりします。このような欲望に負けて痛い目に遭わないためにも、利確と損切りのラインを決めておくのは非常に大切なことなのです。

次に2つ目の仮想通貨スキャルピングのコツは、「レバレッジトレードも活用する」ということです。レバレッジトレードでは自分のお金を証拠金として預け入れることで、元手以上の金額で売買することができます。スキャルピングは売買を繰り返して利益を積み重ねていくトレード手法なので、特に最初のうちは得られる利益が多くありません。そこでレバレッジトレードを活用すれば、倍率に応じてより大きな利益を得ることが可能になります。ただし、損失もその分大きくなるということを理解しておきましょう。

仮想通貨のスキャルピングで自動売買を行う方法

仮想通貨スキャルピングスキャルピングは短時間で何度も売買を繰り返すため、手動だと瞬発力やとっさの判断力が問われる場面も多く、大変です。また、仮想通貨は基本的に24時間365日取引が可能ですが、手動だと当然自分が眠っている間は売買ができません。そのため、中には手間がかからず時間に縛られない自動売買に興味を持つ方もいらっしゃるでしょう。そこで、ここでは仮想通貨のスキャルピングで自動売買を行う方法をいくつかご紹介いたします。

自動売買を行う方法としてまず考えられるのが、自動売買ツールを導入しているマーケットを利用することです。例えば「BITPoint」ではMT4(MetaTrader4)と呼ばれる自動売買ツールを導入しており、マーケットに登録すれば自由に利用することができます。なお、MT4は主にFXにおいて世界中のプロのトレーダーたちに愛用されています。手軽に自動売買を行いたいという方は、このように仮想通貨スキャルピングの自動売買ツールを導入している所を選ぶとよいでしょう。

また、他にも外部の仮想通貨スキャルピング自動売買システムを利用したり、取引所が公開しているAPI(Application Programming Interface)を使って自分で自動売買システムを作成したりする方法があります。無料のものから定額制のものまでさまざまなスキャルピング自動売買システムが公開されているので、興味がある方は自分に合ったものを探してみてください。また、プログラミングに自信がある方は自分でスキャルピング自動売買システムを作成してみるのもよいでしょう。

仮想通貨のスキャルピングにおすすめの取引所

ここでは仮想通貨のスキャルピングにおすすめの取引所を2つご紹介いたします。まず1つ目が「GMOコイン」です。GMOコインは東証一部上場企業である「GMOインターネット株式会社」のグループ企業なので信頼性が高く、スキャルピング初心者の方でも安心して登録していただけるおすすめの取引所の1つです。GMOコインでは現在、ビットコイン・ビットコインキャッシュ・リップル・ライトコイン・イーサリアムを取り扱っており、このうち取引所形式が用意されているビットコインでスキャルピングが可能です。なお、現物取引のほかレバレッジ取引も可能となっており、倍率は10倍まで設定することができます。

次に2つ目が「BitMEX」です。BitMEXは海外の取引所ですが日本語にも対応しており、ビットコインだけでなく多くのアルトコインでスキャルピングを行うことができます。BitMEXではレバレッジ取引も可能で、ビットコインは最大でなんと100倍もの倍率を設定できます。100倍というのは他の所と比べてもトップクラスの倍率なので、BitMEXはスキャルピング1回でより大きな利益を出したいという方におすすめです。追証がなく手数料も安いので、レバレッジ売買で仮想通貨スキャルピングを行いたいという方は利用してみてはいかがでしょうか。

仮想通貨のスキャルピングで手数料を安く抑える方法

仮想通貨のスキャルピングで手数料を安く抑えるために、手数料が安く、スプレッドが小さい所を利用するようにしましょう。スキャルピングはその性質上、取引回数が非常に多くなります。そのため、スキャルピングの度に高い手数料を払っていたらその分利益を出すのが難しくなってしまいます。

また、売買手数料の他に「スプレッド」と呼ばれる手数料にも気をつけなければなりません。スプレッドとは買値と売値の差額のことですが、例えば買値が1BTC=80万円で売値が1BTC=70万円だった場合、1BTCを購入した時点で10万円損してしまいます。このスプレッドはいわば隠された手数料のようなもので、手数料無料という広告を出していてもスプレッドが大きく設定されている場合もあるので注意しましょう。特に初心者の方はスプレッドの存在を見落としがちなので、選ぶ際はスプレッドの大きさをしっかりと確認するようにしてください。