仮想通貨ビットコイントレードをパソコンで、副業として始めた方も多いのではないでしょうか。一般的にウェブサービスや仮想通貨投資といった、何らかのツールやサービスを利用する場合にはパソコンを用いますが最近ではスマホアプリを使った利用方法も増えてきました。

スマホの前の携帯の場合、インターネットを閲覧することはできましたが、非モバイル対応のサイトやツールがほとんどで携帯自体もスペックが制限されていました。しかし、スマホの場合は、スペックもさることながらアプリという概念が画期的で様々なサービスやツールを利用することができるようになりました。そこで、最近では仮想通貨取引所や仮想通貨関連企業が、こぞってアプリを開発、リリースしています。

スマホアプリで、ビットコイントレードや管理ができれば、忙しい時でも手軽に操作ができますし外出先でも可能となります。そこで今回は、ビットコインユーザーに向けて、ビットコインに関するアプリに関するご紹介をしていきます。スマホアプリでビットコイン取引が可能となっているので、外出が多い方はこの機会にスマホアプリの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

ビットコインのアプリで取引を行う

まずはビットコインに関連するアプリの特徴やメリット、デメリットとトレードが行えることについてご紹介していきます。まずアプリについて説明します。以前は、ビットコイン売買を行う環境として、インターネット接続されているパソコンが必須でした。しかし、利用者増加とスマホ普及率の高さから金融機関や仮想通貨関連企業の多くが、管理やトレードができるアプリの開発に乗り出しました。

そして、完成したのが仮想通貨取引所にログインしてビットコインの売買や管理ができるアプリです。この場合は、自身が口座開設している仮想通貨取引所の公式アプリをインストールする必要があります。アプリをインストールするとログインパスワードなどセキュリティ関連の設定と、銀行口座など入出金に必要な口座設定も行います。初期設定が完了すると、パソコン版のように各操作ボタンと取引に関連するボタンやチャート画面が表示されます。トレード方法に違いはなく、ビットコインの注文数量と注文方法を選択するだけで、基本的に売買注文が完了します。

ビットコインのアプリについては、トレードができるアプリ、ウォレットアプリ、管理用アプリ、ニュース系アプリなど様々な用途に特化したアプリがあります。ビットコインをアプリで手軽に管理とトレードができる点は大きな魅力といえます。ノートパソコンでも外出先で売買が可能ですが、それでも比較的大きな荷物でした。

スマホアプリの場合は、片手に収まりますし場所を選びません。また、アプリの特徴でもある直感的な操作ができるためビットコイントレードが初めての方でも、楽しく注文操作ができるでしょう。一方ビットコインをアプリでトレードするデメリットですが、取引所アプリによってはサーバー負荷による一時的な障害が発生する可能性があることです。新規サービスということなどが原因でもありますが、今後改善することが期待されます。

ビットコインのアプリを活用して稼ぐ

ビットコインに関連したアプリには、取引所アプリとウォレットアプリ、ビットコインニュースアプリなど様々な種類がリリースされています。その中で、ビットコイントレードで稼ぐためには、取引所アプリをインストールするのがおすすめです。主要な国内取引所では、2018年10月時点で取引所アプリがリリースされているので、活用して稼ぐことができます。

口座開設をしていない方で、ビットコインの取引所アプリで稼ぐ場合、まずは口座開設を行う必要があります。アプリ版で口座開設すると、パソコン版でもログインできるので後々パソコンでビットコイン売買を始めて稼ぎたい方にとっても便利といえます。また、取引所アプリを活用して稼ぐには、アプリだけでなく資産管理アプリとウォレットアプリ、ニュースアプリのインストールをしておくのがいいでしょう。

特にウォレットアプリは、ビットコインの残高や資産管理に必要ですし、入出金時に必須です。そして資産管理アプリは、複数の取引所で稼いでいる場合に必要で、今の総ビットコイン資産を把握するために便利です。更にニュースアプリはビットコイン売買において、ファンダメンタル分析による稼ぎ方において役立ちます。

ビットコインのアプリにはチャート分析機能が付いている

アプリをインストールするメリットの1つとして、売買ができるだけではありません。チャートアプリと呼ばれるタイプで、チャート分析ができる点です。また、チャートアプリの特徴として、3種類存在することです。

チャートアプリには、取引所がリリースしているタイプとソフト開発会社が独自にリリースしたタイプ、あるいは個人が開発したタイプに分かれています。どのビットコインチャート分析アプリが使いやすいかは、人によって異なりますので一概に決めることはできません。ですから、ユーザー自身が様々なタイプのチャートアプリをリリースして、1度試してみることが大切です。また、チャートにはテクニカル指標が実装されているタイプが多いですが、どの指標が実装されているかはアプリによって違います。

ビットコイントレードのスタイルは、短期か長期でもチャート分析が大きく異なるため、自身のトレードスタイルと照らし合わせながら、使いやすいチャートアプリをインストールしましょう。

ビットコインのアプリで取引ができる取引所を比較

ビットコインアプリここでは、ビットコインの売買ができる国内取引所の公式アプリについて、比較紹介していきます。2018年10月時点で、認可済み国内取引所の多くが公式アプリをリリースしているため、比較的簡単にアプリでトレードが可能となっています。ただ、取引所によって実装されている機能やUIなどが違いますので、自身が利用している所のアプリがどのような特徴か理解しておくことも必要でしょう。

国内の認可済み取引所がリリースしているのは、ビットフライヤー、ザイフ、ビットポイント、ビットバンク、GMOコイン、DMMビットコイン、Liquidとなります。ビットコインにも必要な、高機能チャートで比較しますと、ビットポイントやビットバンクがおすすめです。MT4やトレーディングビューといった、本格的なチャート分析ツールを導入しているため、ビットコインユーザーにとってもメリットとなります。

初心者向きのビットコインアプリは、ビットフライヤーでしょう。ビットフライヤーはパソコン版もUIが分かりやすく設計されていますし、アプリ版も一目で内容が分かる画面表示となっています。また、ビットコインを含むアルトコイン取引にも対応しているため、ビットコイン以外の売買でも役立ちます。

ビットコインに関連したゲームアプリもリリースされている

ビットコインに関するアプリをインストールする場合、取引所アプリやウォレットアプリ以外の方法もあります。それは、ビットコインと関連付けを行ったゲームアプリです。一見するとゲームアプリとビットコインに関係がないように見えますが、近年ではゲーム開発会社と仮想通貨関連企業などがゲームの報酬やゲーム内通貨にビットコインを用いる事例があります。ですから、ゲームアプリで遊ぶだけで、ビットコインを得られるということができます。

代表的なゲームアプリとしては、金塊ハンターがあります。AndroidとiOS版どちらもダウンロードできますが、特徴はタワーディフェンスゲームアプリという点です。勇者を敵から守るゲームで、ステージ内にビットコインが落ちており1ゲームクリアすると、ステージ内で拾ったビットコインを実際に報酬として受け取ることができます。ビットコイン投資やマイニング作業と比較すると、1ゲームで得られるビットコインは少額です。しかし、ゲームアプリでビットコインを得られる仕組み自体は画期的で、単純に報酬を得られるメリットだけでなくビットコイン市場拡大にも繋がるでしょう。