仮想通貨で儲けることのできる人の特徴はどのようなものか、大成する人と失敗する人の間にはどんな違いがあるのかを知りたい人は多いのではないでしょうか。仮想通貨で大成する人は様々な能力に長けている人もいますが、一番重要なことは相場の流れにしたがって考え方や取引方法を変えられる柔軟性であると言えるでしょう。ここでは、仮想通貨投資で大成する人の特徴について説明していきます。

仮想通貨投資で成功するための方法

仮想通貨投資で勝つための確かな方法はあるのでしょうか?仮想通貨に将来性を感じて投資をしている人、価格の値動きの大きさに魅力を感じて仮想通貨FXを行っている人など、様々な取引方法で仮想投資に参加している人が多いと思いますが、簡単に利益を出せるほど簡単な相場ではなくなっていますので注意が必要です。

2017年の年末は「買えば儲かる」という状態でしたが、2018年はビットコインの価格が徐々に下落し、大きな損失を抱えた人が多いのも事実です。仮想通貨で大成したいと思って投資を始めた人でも、なかなかうまくいっていない場合も多くあります。2017年はアルトコインを買って保有していればある程度の利益を出せましたが、今後はそれだけでは利益を出しづらく、そのような環境はもう少し続く可能性もあります。

仮想通貨でこれから大成していくためには、「将来性があるアルトコインを見つけること」「含み損が出ても保有していこうと思う場合は、数年単位を考えること」「相場が下げている状況で利益を出すことができる仮想通貨FXの知識をつけること」の3点が挙げられます。今後の仮想通貨市場は、今までのように相場が上がったり下がったりを繰り返すことと思いますが、大きな流れで考えたときには、なかなか大きな上昇トレンドにはすぐに入らない可能性もありますので、それも想定しておくことが大切です。

よって、アルトコインに投資する場合は、もしも相場が下落して含み損が出てしまっても安心して保有しておける銘柄を選ぶことが大切です。例えば日本人に人気のリップルは、数年前に1円以下で購入した人が大勢います。彼らは何年もの間、価格の上下を繰り返す相場の中で長期保有し続けたために大きな利益を出すことができました。リップルに初期投資した人は、リップルの将来性を信じていたからこそ長期補保有することができたと言えます。色々な情報を調べて「このコインならば将来性が高いし、数年持ちたい」と思えるようなものを見つけて投資をすると良いでしょう。

仮想通貨における成功者の特徴

仮想通貨における勝者の特徴は、その時のトレンドをしっかりと把握し、それに柔軟に対応した取引方法を選ぶことができる人であるということです。仮想通貨に関わらず、金融商品では上昇トレンド、下降トレンドがありますが、「上昇トレンドのときはコインを買って、上がったら利確して利益を得る」「下落トレンドの時は無理にコインを買わずに様子を見るか、仮想通貨FXで売りポジションを持って利益を出す」という風に、相場の状況に応じて臨機応変に対応できる人、トレンドをしっかりと把握して、下落トレンドのときは無理に投資をせずに様子を見ることができる人が、損失を最小限に抑え、大きな利益を得ています。

現物取引では、長期投資用を除いては、早めに利確して逃げ遅れないことが大切です。皆が買いだして価格がピークに達する一足前に売り抜ける、利確するということが重要ということになります。仮想通貨の値動きは大きく、値動きの変化が株や投資信託よりも早いと考えられています。上昇トレンドがまだまだ続くと思っていたら、突然トレンド転換して大きな下落トレンドが始まってしまうことも多く、昨日と今日で相場の雰囲気が一変している場合もあります。仮想通貨に投資をしていると欲が出てしまい、「底値で拾いたい」「天井の一番高いところで利確したい」と考えてしまうことも多いのですが、それが達成する確率は高いとは言えず、あっという間に想定外の方向に価格が動いてしまうこともありますので、人よりも一歩早く利確するつもりで行動するようにしましょう。

仮想通貨で成功するためにはマイニングは必要か

仮想通貨で儲けるためにビットコインなどのマイニングを考えている人もいると思いますが、仮想通貨のマイニングは安定して利益を出すことが難しいと言えます。ビットコインを始めとする仮想通貨のマイニングは、マイニング機器を作動させているだけで仮想通貨を手に入れることができますが、ビットコインのマイニングの難易度はかなり上がっており、莫大な電気代もかかるため個人でマイニングをして利益を出すには難しい状況となっています。また、ビットコインの価格が下落傾向にあるため、中国や北欧などの電気代が安い地域でもマイニングで赤字になっている企業は多く、日本でマイニングをして利益を出すには、かなり難しい状況であると言えるでしょう。

マイニングできる仮想通貨はビットコインだけではなく、難易度が比較的低いイーサリアムやダッシュ、モネロなどがあります。それらの仮想通貨のマイニングの方がビットコインよりも競争率が低く、難易度は低くなっていますが、ビットコインの下落によりそれらのアルトコインの価格も下がってしまっています。機材などの初期投資分と使用する電気代を考えると、大きな利益が出せる可能性は低いと考えられますので、安易な気持ちでマイニングをしない方が良いでしょう。

仮想通貨で成功できずに失敗した敗因

仮想通貨成功仮想通貨で大成できずに失敗してしまう人に共通する特徴がいくつかあります。まず、仮想通貨投資を始めた後に勉強したり情報を調べたりして知識をつけようとしない人は失敗する確率が高くなっています。仮想通貨では大きな利益が期待できますが、情報をこまめに収集したり、それぞれのコインが現在置かれている状況などの知識や情報を保有していた方の勝率が格段に上がりますので、自分なりに勉強して知識を付けるようにしましょう。

価格が上がったときに焦って高値掴みしてしまう人も、失敗しやすい人の特徴と言えるでしょう。皆が買い始めて価格が高騰しているときに、乗り遅れまいと高値で購入してしまう人は、含み損を抱えてしまう可能性が大きくなります。投資したいと考えているコインの価格が上がってしまった場合は、あきらめて下がってくるまで待つ精神の余裕が大切です。今回の価格上昇に乗れなくても、また別のチャンスがあると考えて、すっぱりとあきらめる気持ちの余裕が必要なのです。

高騰したコインはその後大きく下落する可能性が高く、高騰と下落を経験したコインが再び上昇トレンドに入るには時間がかかる場合があります。高値掴みをしてしまって含み損になると、次にそのコインが上がってくるまでかなり時間がかかる可能性がありますし、その間投資資金が凍結されてしまい、他のコインに投資するチャンスを逃してしまうことにもなります。実行するのは難しいかもしれませんが、高値掴みをしないと自分に言い聞かせ、価格が下がってきたところを見計らって購入するようにしましょう。

仮想通貨で成功できる2019年の相場予想

仮想通貨で儲けることができるかどうか、2019年の仮想通貨相場は上昇トレンドに入るかどうかは大勢の人が気にしているところです。仮想通貨で多くの人が大成するためには、基軸通貨であるビットコインの値動きが上昇トレンドに入ることが重要です。仮想通貨で一番大成する人は、上昇トレンドや下降トレンドに合わせて柔軟に取引方法を変えられる人ですが、特に仮想通貨FXは難易度が高いこともあり、多くの人は現物取引をしています。2019年に仮想通貨投資の勝者が多く出るためには、現物取引で利益を出す人が増える相場になる必要があります。つまり、ビットコインが大きな上昇トレンドに入ることが不可欠であると言えるでしょう。

ビットコインの相場が2019年どうなるかという予想ですが、2019年はビットコインが上昇相場に再び入ると考えられています。2018年は1年かけてビットコイン価格の調整が行われた年であったと言っても良く、1ヵ月、2ヵ月単位での上昇局面があったものの、ビットコインの最高値から40万円近くまで価格は下落しました。これはバブル相場を調整するための下落であると考えられており、2019年は再び上昇トレンドに入る可能性が高くなっています。

上昇トレンドに入る根拠としては、機関投資家の参入が挙げられます。2018年は機関投資家向けのサービスや仕組みが整えられた準備期間でしたが、2019年はいよいよ本格的に機関投資家が参入してくる年になると考えられており、ビットコインに資金が流入する可能性が高くなっています。機関投資家が参入するときには底値で買いたいという思惑が働きますので、2019年初頭まではビットコイン相場が低迷するかもしれません。しかし、そのような場合は機関投資家が利用する取引所やサービスが開始されるまでの仕込み時であると考えられますので、長期用の資金で将来性がある銘柄を買っておくと良いでしょう。