長い期間、70万円を境に細かいレンジ相場で動いていた仮想通貨の市場ですが、直近、そこからさらに調子を落としています。トレードではなく、投資目的で仮想通貨を買っている人は歯がゆい思いをしていることかと思いますが、去年のバブルともいえる暴騰に乗れなかった方はこの状況をどのように捉えているのでしょうか?やはり手を出さなくて正解だった、と思うのも現状の値動きを見ていると、結果的には正解といえるかもしれません。

逆に、ここまで落ちた今だからこそチャンスかもしれないというのも、もしかしたら正解かもしれません。今回は仮想通貨を今から始めることについて正しい判断と言えるのか、議論してみたいと思います。これから参入、もしくは再参入を考えている方は参考にしてみてください。

仮想通貨を今から始めるべきなのか

仮想通貨を今、2018年の末から始めるべきであるかどうか。それが正解であったかどうかは未来からこの時期を改めて見直してみないとわかりません。現在の価格帯を底値に、昨年の「バブル」より遥かに大きな価値をつけるかもしれませんし。逆に今この価格帯ですらピークとして、価値を落としていくかもしれません。ただ、結果がいずれになるにしても、筆者の意見しては今から始めることにも十分な意義があると考えています。なぜなら、一つ目には仮想通貨はまだ世の中に認知こそされていれど、浸透はしていないからです。

仮想通貨が浸透する時というのは、価値が認められるときです。その時になって始めようとしても、その時は十分に値上がりしきっており、「遅い」と言える可能性が高いのです。もちろん、逆にこれからまったく価値が認められず、さらに価格が下がっていく可能性はあります。

その時は潔くあきらめるしかないですが、いずれにしても、もう一つのポイントがここで重要になります。それは、現在の相場の中ではなんとなく参入してきた経験や考えの浅い投資家があらかた抜け去っています。とりわけ、ここ数週間の暴落は、「ガチホ」をうたって考えなく含み損を抱えていた層の投げ売りに十分な影響を及ぼしました。今からしっかりとブロックチェーンや仮想通貨そのものを勉強した上で参入するのは一つ大きなチャンスを得られる可能性もあります。

仮想通貨は今からでも儲かるのか

仮想通貨を今から始める意義はあるとしても、結局のところ儲かるかどうかが参入する決め手となるでしょう。結論としては、仮想通貨をどのように捉えるかによって儲け方は変わってきますが、いずれにしても儲かる可能性は残されています。一つは、長期投資を行うことで儲ける考え方です。これには参入するタイミングや、その銘柄の将来性の評価、仮想通貨市場全体の今後の展望といった分析が必要とはなってくるものの、その分析が正しければ儲かる可能性は十分にあると言えます。

逆に仮想通貨を値動きの激しいトレード対象ととらえるのであれば、下落相場においても稼ぐことができます。今後仮想通貨の価値が0になってしまえば、それはトレード対象とはいえませんが、価格がつき、その価値が上下動している間はどのようにしても稼ぐことができます。トレードはトレードで、仮想通貨の将来性を評価し、ただ保有しておくのに比べ、考えなければならない要素がたくさん出てきますので、勉強や実践が必要になってきます。いずれにせよ今から入って儲けられる可能性は十分に残っていると言えます。

仮想通貨の中で今から上がる銘柄

2017年は詐欺コイン、草コインは除外してもある程度有力なアルトコインはどの銘柄を買っても大きく上昇する相場でした。2017年末から2018年初頭の最も高かった時期から比較すると、現在ビットコイン、主要アルトコイン含め、ほとんどの仮想通貨が大きく価値を下げている状態と言えるでしょう。今から仮想通貨を始めたとして、どの銘柄であれば上がっていくと言えるのでしょうか?もちろん、正確な未来は誰も見通すことはできません。

著名人の中には「この銘柄が上がる」などと強気な発言をする人も出てくるかと思いますが、その多くは自身がその銘柄を保有していてのポジショントークでしょう。今から上がる銘柄として抑えておくべきポイントは、そのコインがこれから本当に世の中に浸透していくかを考える必要があります。技術的に優れている、コミュニティが盛り上がっている、知名度がある。いずれも重要な要素ではありますが、それを満たしていれば将来の上昇が約束できるわけではありません。

技術的に優れているコインであれば、それを上回る技術で開発されたコインにポジションをとられてしまうかもしれませんし、単なる人気のコインであれば、その人気がいつ廃れないとも限りません。仮想通貨自体のコンセプトが、世の中の問題をブロックチェーンの技術を用いて解決することです。そのビジョンの立派さ、壮大さももちろん通貨を購入する価値としては大いに考慮すべき事項ですが、現実的に投資という判断から元本の回収を考えるのであれば、その目指す姿の実現可能性を進捗や世の中の潮流なども見ながら判断していくことが求められるでしょう。

仮想通貨を今からはじめて億リ人になれるのか

仮想通貨今から2017年のバブルと言える相場では総資産が1億円をこえる「億リ人」が大量に出てきたことも記憶に新しいですね。しかし、上手く利益確定できた方は莫大な税金を払ったことでしょうし、逆に税金を嫌ってガチホした人は、総資産を大きく減らしていることと思います。今から仮想通貨を始めて億リ人になることはできるのでしょうか?結論としては、月並みですがもちろん可能性は0ではないでしょう。

そもそも、ゴールが1億円であったとして、スタートが1000万なのか30万なのかでも、状況は大きく変わってきます。ただし、たとえば原資が100万円未満であったとして、有名なコインをなんとなく買ってガチホしていれば、気がついたら億リ人になっていた、というのはあまり現実的ではないでしょう。今から100万円未満の原資ではじめて、億リ人を達成するのであれば、例えばですが、以下のような方針が必要になるとなってくるでしょう。

・トレードを積み重ねて資産を着実に増やしていく
・大きなレバレッジをかけた取引に勝ち、資産を一気に増やす
・将来有望なコインに投資を行い、その銘柄が大きく成長する

まず考えられるのはアービトラージやスキャルピングも含め、こまめにトレードしていく中で着実に資産を増やしていくというやり方です。それが面倒だという方はリスクを取れるならばレバレッジをかけてトレードすることでも、勝てば大きく資産を伸ばすことができます。もしくは先ほどの項目で挙げたような、伸びる無名な銘柄を当てることでも達成できるかもしれません。いずれにせよ、楽な道、安全な道ではないことは確実にいえるでしょう。

仮想通貨を今から始めるリスクについて

それでは、今から仮想通貨を始めるリスクはあるのでしょうか?答えは当然に、リスクはあります。リスクがあるからこそ、リターンが見込めるわけですから、儲けたければリスクは多かれ少なかれ、確実にとらなければなりません。そして、ご自身がとれるリスクの大きさによって、得られるリターンの幅も変わってきます。

たとえば「最悪なくなってもいい額」の仮想通貨を買って、放置しておくのであれば、そのリスクの最大値は「なくなってもいい額」が本当になくなることです。一方で、仮想通貨FXなどで大きなレバレッジをかけて莫大なリターンを得ようと試みるのであれば、思惑と逆の動きをしたときに、膨大な損失を被る覚悟をしなければなりません。どれだけの額を入れようと、どんな形を取ろうと、仮想通貨を始める以上、リスクはあります。自分の得たい結果とリスクを比較しながらご自身の仮想通貨との付き合い方を考える必要があります。