色々な種類の仮想通貨を持っていたり、1種類でも量をたくさん持っている人は、他の取引所などへ送金することもあるでしょう。そこで忘れてはいけないのが、仮想通貨の決済スピードです。「決済のスピードなんてどれも大して変わらないのでは?」と考えている人もいるかもしれませんが、実際はそんなことありません。10分ほどかかる仮想通貨もあれば数秒で済んでしまうものもあるので、スピーディーに送金を済ませたい時は、あらかじめそれぞれの決済スピードを知っておく必要があるのです。

そこで今回は「仮想通貨の決済スピード」について詳しく説明していきます。遅いことで考えられるデメリットや、決済スピードが速い仮想通貨もご紹介しますので、頻繁に送金する可能性がある人はぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨の決済スピードとは

決済スピードとは、簡単に説明するとAからBの取引所やサービスに仮想通貨を送る速度のことです。例えば、取引所Cから取引所Dに送金をしたり、販売店Eで買い物をする時にウォレットから販売店Eへ送金する時などにかかる時間が、決済スピードにあたります。

仮想通貨は日本の紙幣や貨幣のように実態を持たない通貨なので、手渡しではなく送金することで使ったり受け取ったりしますから、決済スピードは仮想通貨を選ぶ時の重要なポイントです。決済スピードが遅いということはお金を使うのに時間がかかるということなので、何十分もかかってしまっては実用的な通貨とは言えません。

仮想通貨は種類によって価格や特徴が違いますが、「送金でやり取りをする」という仕組みはほぼ同じです。それにも関わらず決済スピードが違うのは一体なぜなのでしょうか。その理由は、それぞれ使われている技術が違うからです。多くの仮想通貨はブロックチェーン技術を使用していますが、全てではなく他の技術を使っているものもたくさんあります。「決済スピード=トランザクション処理」なので、使われている技術が違えば、決済スピードにも差が出るということです。

仮想通貨の決済スピードが遅いことでおこるデメリット

ここで簡単に、決済スピードが遅いことで考えられるデメリットについて説明していきます。先ほど少し説明したように、支払いや送金時に数十分以上の時間がかかるなら、現金やクレジットカードを使用した方が早く済みますから、わざわざ仮想通貨を使わなくても良いでしょう。

もちろんこれは極端な話ですが、決済スピードが10分と10秒の仮想通貨を比べたら、10秒の方がムダな時間を使わなくて済むという結果になります。つまり、決済スピードが遅いと使い勝手悪いと感じてしまうということです。

また、デメリットは使う側だけではなくサービスを提供する側にもあります。決済スピードが遅いと1人の支払いにかかる時間が長くなるので、その分1日で対応できる人数が少なくなってしまうのです。ネット通販なら同時に複数の取引ができるかもしれませんが、実際のお店だとレジが長蛇の列になる可能性があります。「遅くても待てば問題ないのでは」と思う人もいるかもしれませんが、決済スピードが遅いことのデメリットは売上にも影響してくるので、それだけでは済まされないのです。

仮想通貨の決済スピードは確認できるのか

ここまでを読めば、決済スピードは速い方が良いということが分かるはずです。ではこの決済スピードは、どこを見れば確認できるのでしょうか。決済スピードはそれぞれの仮想通貨の公式サイトに記載してありますが、残念ながら英語表記の場合が多いのでパッと見て理解するのは難しいと言えます。

そのため、それぞれの仮想通貨についてまとめた他のサイトを参考にするのが良いです。もちろん1つのサイトの情報ではなく、2〜3サイトを見て比較し、情報に間違いがないかどうか確認してから購入を決めましょう。また、仮想通貨を選ぶ時に注意しなければならないのは決済スピードだけではありません。実際に使っていく中で決済スピードが速い方が良いのは間違いありませんが、ただ速ければ良いというわけではないのです。

例えば、仮想通貨Aと仮想通貨Bを比べた時、仮想通貨Aの方が決済スピードが早かったとしましょう。しかし将来性の面で見た場合、仮想通貨Bの方が期待できるとしたら、せっかく仮想通貨Aをたくさん購入しても使えないまま価値が下落してしまう可能性があるのです。このように選ぶ時に決済スピードも重要な項目ですが、それだけにとらわれず、様々な視点から見て比較・購入をしていくのがポイントと言えます。

仮想通貨の決済スピードが速いおすすめ3選

仮想通貨決済スピード「将来性・信頼性があって決済スピードもできるだけ速い仮想通貨を購入したい」そう思っても、実際に自分で全て調べて比較するのは手間がかかるものです。そこで、決済スピードが速く今後に期待ができる仮想通貨をいくつかピックアップしましたのでご紹介していきます。

1.リップル(XPR) 決済スピード:約4秒
リップル(XPR)は1秒あたりの処理速度と回数が約1,000回なので、わずか約4秒で送金ができます。2017年には大手銀行である三菱UFJ銀行がリップルを使って国際送金をすることを決定しているので、信頼性・将来性の面でも期待できます。

2.リスク(LSK) 決済スピード:約10秒
リスク(LSK)はリップルよりスピードは遅いものの、約10秒で決済できるのでこちらもスピードが速いと言えます。プロックチェーン技術を使っていますが、「サイドチェーン」と呼ばれる技術を追加することでブロックチェーンでの処理の負荷を分散し、処理のスピードを上げることに成功しました。

3.イーサリアム(ETH) 決済スピード:約15秒
イーサリアム(ETH)の決済スピードも約15秒と速い数字です。ただし1秒間に処理できるトランザクションの数が約15個と少ないので、混雑して実際には決済に時間がかかる「スケーラビリティ問題」が発生する場合があります。必ず遅くなるわけではないですし、問題解決に向けた動きがあるので、常時15秒で決済できる日も近いはずです。

仮想通貨の決済スピードが遅い通貨の今後

先ほどご紹介した3つの仮想通貨は、いずれも約10秒前後と決済スピードが速くなっています。では、現在は決済スピードが遅い仮想通貨は、将来性がないので購入をしない方が良いのでしょうか。もちろんそんなことはありません。実際、ビットコインは決済スピードが約10分となっているのにも関わらず、価格が高騰し、一躍有名となりました。また、仮想通貨の技術は日々進化しているので、新しい機能が次々と開発されています。それらの技術を取り入れ、上手く運用できるようになれば処理スピードが上がるので、決済スピードも速くなる可能性も十分考えられるのです。

決済スピードが速ければ使いやすいと言えるのは事実ですが、それだけが重要な項目ではありません。それぞれでメリット・デメリットがありますし、デメリットもいずれは改善されていくものです。今だけの情報にとらわれず、今後の動向も含めて選ぶのが、購入や仮想通貨を使った投資で失敗しないコツと言えます。