仮想通貨って何ですか?そんな質問をされたときに、ビットコイン(Bitcoin)と答える方は大変多くおられます。日本で仮想通貨を一躍有名にしたのは間違いなくBitcoinなのですが、仮想通貨にはそれ以外にも様々なコインが存在します。有名なものではイーサリアムやリップル、また日本初のモナコインは、仮想通貨に興味を持っている方なら、その名前を一度は目や耳にしたことがあるでしょう。

Bitcoin以外の仮想通貨を総称して「アルトコイン」といいます。また、オルトコインとも表示される事もありますがどちらも同じで「alternative coin」の略称になります。直訳すると「代替のコイン」という意味です。Bitcoinを元にして作られており、Bitcoinの問題点や課題点を改善した、新しい仮想通貨になります。

アルトコインの数は今では1500種類以上存在しており、次々と新しいタイプのアルトコインが誕生しては、不人気のものは市場から姿を消したり、自然消滅したりしています。これほどまでにどうしてアルトコインが存在するのでしょうか?それはBitcoinのプログラムやその仕組みが全部公開されているからです。ですから、プログラミング技術のある方がBitcoinの情報を調べて作り上げれば簡単に新しいアルトコインを生み出すことが出来るのです。

アルトコインはBitcoinに無い機能や、それ以上の利便性を持ったものもあり、これまでBitcoinに一極集中してきた仮想通貨の市場において、色々な選択ができる事ができる様になりました。それではアルトコインの探し方から説明してその魅力を掘り下げていきましょう。

アルトコインはどこで入手できる?アルトコインの探し方

一番手っ取り早い方法はアルトコインを取り扱っている取引所や販売所で探す方法です。日本でも取引所や販売所の数は多くなりましたが、そうなると他社との違いや独自性を出して競争が始まります。手数料無料などもそうですが、取引所や販売所によっては新しいアルトコインが取引できるところも出てきていますのでこちらから確認するのが早いでしょう。また取り扱っている所が多いアルトコインであれば信用も高いですし、一社だけだと会社が取引を突然辞めた時などの対策にも、複数の取り扱いをしているアルトコインを選択するのが安全でしょう。

また仮想通貨のランキングサイトや、価格推移チャートのサイトから探すのも手段です。「モーニングスター」や「CoinMarketCap」などが有名ですが、その他にも情報を発信している優良なサイトは多数存在しますので、見やすく解りやすいサイトを参考にすると良いでしょう。

数あるアルトコインの中で有望なアルトコインとは?

一時期のBitcoinのブームも落ち着き、良い意味での安定が続いているBitcoin。注目が集まり中々手が出にくいと感じる方にはアルトコインがおススメです。中には、現時点ではあまり価値がないと思われているものも多く、注目度の低いものもあります。しかしこれはチャンスがあるともいえるのです。まだ注目度の低いアルトコインを所持していれば将来化ける可能性だって十分にあるのです。

アルトコインの中で有名なのはイーサリアム、リップル、リスクなどが有名です。仮想通貨に興味を持たれている方は必ずは耳にしたコインでしょう。その他にも様々なコインがありますが、有望なアルトコインの探し方としていくつかのポイントがあります。

まず1つ目は運営の信頼性です。運営元が発信しているSNSやツイッター。それから、開発者がよく利用するテレグラム等も活用し、情報を内容をよく精査して資金集めの詐欺集団に引っかからない様にしましょう。

2つ目はプロジェクトの実現性です。壮大なプログラムを謳い文句にして、全然実行できなければ何の意味もありません。アルトコインを選ぶときに一緒にプロジェクトをしている気分になりますが、壮大すぎるプロジェクトは中々実行しづらいのが現実です。手堅いプロジェクトを選ぶことが失敗しない選び方です。

3つ目はアルトコインの実用性です。プロジェクトが進行し、どの分野にどういう実用性があるのかをしっかりと見極めなければなりません。小さなニッチ的な分野としても、それがどう実用的に機能するのかは非常に重要なことです。それが使われて、どう身近に利用できるのかという仕組みがしっかりしている程、人気が高くなっていく傾向があります。

これからアルトコインにかかる期待

Bitcoinの大暴騰により、それまで仮想通貨の存在も知らなかった人も知る様になりましたが、まだまだ世間にはあまり本当の意味での仮想通貨の利用価値を知る人は少ないと思われます。今後アルトコインに掛かってくる期待として、ビットコインに次ぐ将来的に大きな利益を生み出す可能性と、Bitcoinでは出来なかった利便性の向上が期待されます。

アルトコインはBitcoinに比べ価格がまだ安く、イーサリアムでも現在は2万円台で取引されています。アルトコインはBitcoinに無かった機能や性能を補完していますので、日本でも2020年の東京オリンピックに向けてキャッシュレス化の一つとして、仮想通貨が利用されることは間違いないでしょう。リップルというアルトコインが、東京オリンピック公式仮想通貨になるかもしれない(署名を集めてIOCに送る)というニュースが走ったのも最近の事ですが、それほど仮想通貨、アルトコインに掛かる期待とチャンスは大きいという事でしょう。

ビットコインに代わり、アルトコインでの決済に

Bitcoinは決済手段として利用できる場所が数多く誕生しました。しかしアルトコインに関しては2017年までは利用できるところはなく、今年に段々と利用できるお店などが増えつつあり、オンライン上でも利用できるサイトも誕生しました。まだまだこれからですが、前述の東京オリンピックを見越して利用できる店舗も増えていく事でしょう。

日本での仮想通貨による決済はBitcoinがダントツですが、世界的規模での通貨になるのは難しいのではないかという見解もあります。それはBitcoinの取引処理能力は一秒間に7回といわれており、Visaの最大2万4000回には遠く及ばないという論文も発表されています。しかし、アルトコインはBitcoinの不備な点や新たな機能も持っていますので、世界情勢のキャッシュレスの流れは仮想通貨にも焦点が当たり、Bitcoinではなくアルトコインが今後は主要な決済手段として存在する可能性が非常に高いといえます。

アルトコインを短期売買で利益確保

アルトコインはBitcoinと比べると時価総額が低いですので、資金が投下されると大きく値が上昇する傾向にあります。またその逆もあり、資金が抜けると大きく暴落する事も多くあり、取引所でのコイン流出のニュースや行政指導のニュースなどが報道されても、上に下にと大きく変動するのがアルトコインの相場の特徴の一つと言えます。

仮想通貨の取引市場の歴史はまだ浅いので、価格が安定して定着していくにはしばらく時間がかかると考えられています。しかし、この変動率の高いこの時期に短期売買を行って、稼ぎたいと考える人は多く居られるでしょう。アルトコインの売買でもやり方によっては短期で利益を出すことも可能ですが。その分リスクも大きいということも心に留めておかなければなりません。

また短期売買ではある程度まとまった資金が必要です。ご存知の方も居られると思いますが、売買を繰り返す程スプレッド(手数料)を消耗しますし、少ない資金では大きな変動率で動いていても得られる利益はわずかしかないでしょう。アルトコインで短期売買を行うのであれば、それなりの心構えと資金が必要になります。

アルトコインは実用性が高く、その用途も様々な所で今後は利用できることになるでしょう。まだまだ仮想通貨後進国の日本も、ようやくキャッシュレス化の世界情勢の動きに逆らえず重い腰をあげて、2020年の東京オリンピックまでに様々な政策や対応を行ってくるでしょう。現在様々なアルトコインが存在していますが、今後はどんどん淘汰されていきます。そうなった時に魅力的かつ、機能的なアルトコインは我々のすぐ近くに存在する事となり、それはもう間もなく現実のものとなるでしょう。