イーサリアムの相場はどうなるのか、今後価格上昇する可能性はあるのか、気になっている人は多いのではないでしょうか。イーサリアムはビットコインの次に時価総額が大きく、とても有名な仮想通貨です。また、「スマートコントラクト」という特別な技術を実装しており、簡単に資金調達ができる「ICO(イニシャル・コイン・オファリング)」という仕組みも確立されていることから、実需が高い仮想通貨のひとつとなっています。ここでは、イーサリアムの相場の状況など今後の可能性について解説していきます。

イーサリアムの今後の相場はどうなる?ICOの規制が焦点に

2018年前半は、イーサリアムだけではなく、仮想通貨にとって厳しい時期であったと言えるでしょう。仮想通貨の価格は年初よりずっと下降しており、なかなか反転の兆しが見えない状況です。逆に、2017年は、ICOブームが起こり、イーサリアムが予想以上に高騰しました。皆こぞって「100倍値上がりするような銘柄」を探してICOに申し込みを行っていたため、ICO参加に必要とされていたイーサリアムが多く買われる形となったのです。

ICOの仕組みは、まずイーサリアムを購入してIOCに申し込みを行い、イーサリアムを送付します。そしてICOの締め切り後、送付した額に応じて、新しく発行されるERCトークンが、申込者のイーサリアムウォレットに自動的に配布される仕組みとなっていました。仮想通貨取引所に上場する前の新しいトークンを手にいれようと思うのであれば、皆イーサリアムを購入してICOに申し込む必要があったので、イーサリアムの需要が発生し、価格が高騰したのです。

しかし、ICOで詐欺まがいのトークンが多く発行され、それによって損失を被った投資家が増えたことから、イーサリアムを使ったこのICOの仕組みは「詐欺を助長し、投資家にとっては良くない」と見なされました。そしてICOに対して、それぞれの国で様々な規制がなされることになり、ICOの件数は激減しています。これが、イーサリアムの価格が低迷している原因のひとつと言われています。

しかし、今後は、ICOをひとくくりにして「悪い仕組み」と捉えるのではなく、ICOの中でも中身がある、優良なプロジェクトは許可を出すような「前向きなICO規制」があちこちの国で検討されています。これらの規制がしっかりと決まっていけば、再びICOのためのイーサリアムの需要が生まれ、価格が上昇していくことが期待できると考えられています。

イーサリアムの購入方法を解説

イーサリアムは時価総額が高い仮想通貨であり、トークンとは違い、自分自身のブロックチェーンを持っている仮想通貨でもあります。また、売買高も多いことから、仮想通貨の中でも安定していると言えるでしょう。このような理由から、イーサリアムは日本のどの取引所でも購入することができます。海外の取引所でもイーサリアムは必ず取り扱われている仮想通貨ですが、海外の取引所によっては、イーサリアムで様々なアルトコインを購入できるところもあります。

イーサリアムを日本の取引所で購入したい場合は、まず、仮想通貨取引所の自分の口座に、日本円を入金します。そして、買い注文を出し、注文が約定すれば購入完了です。口座の残高には、日本円の代わりに、イーサリアムの保有数が表示されます。

このように、日本のほとんどの取引所でイーサリアムを購入することができるので、海外の取引所を使う必要はありませんが、もしも海外の取引所で購入したい場合は、まずはビットコインを使わなければなりません。海外の取引所では日本円の取り扱いがありませんので、ビットコインを利用してイーサリアムを購入する必要があります。

まず、日本の取引所でビットコインを購入します。そして、それを海外の取引所に送金してから、送付したビットコインを使ってイーサリアムを購入するという方法です。イーサリアムだけではなく、海外の取引所で仮想通貨を買いたい場合は、どの通貨を買うときにも、まずはビットコインを購入して海外の取引所のウォレットに送るようにしましょう。

イーサリアムの価格が再び上昇する可能性は?

イーサリアムの価格が2017年のように、爆発的に上昇する可能性はあるのでしょうか。イーサリアムは、天才と言われているヴィタリック・ブテリン氏によって作られた仮想通貨ですが、彼はツイッターで、今後仮想通貨は、今までのような100倍、1000倍といったような上昇をする可能性は低いと述べています。

イーサリアムの価格上昇の要因となったICOですが、今後このICOが再び活発に行われるかどうかが、イーサリアムの価格にとって、とても重要となってくるでしょう。ICOがきちんとした規制の元で、活発に行われていけば、イーサリアムが買われることになりますので、価格が再び大きく上昇する可能性もあります。

しかし、イーサリアムの実需はICOだけではありません。最近では、国連がイーサリアムのブロックチェーンを利用して、シリア難民クーポンの発行を行うなど、様々なところで利用されるようになってきています。また、ブラジルでは、ブラジル最大の金融グループがビットコインとイーサリアムの取引プラットフォームを立ち上げる計画を公表しています。

このように、イーサリアムは、時価総額が高く、信頼性が高いことから、色々なプロジェクトが始まるときに、最初に採用されやすい仮想通貨となっており、ICOが今までのように活発にならなくても、価格が上昇する可能性は十分に考えられます。

イーサリアムの4つのアップデートとは?

イーサリアムは、その機能をより高めていくために「4回のアップデートを行う」ということを公式に発表しており、既に「フロンティア」と「ホームステッド」という名前のアップデートが行われています。三つ目のアップデートになる「メトロポリス」は、ビザンチウムとコンスタンティノープルという2段階のハードフォークが行われることになっており、2017年10月16日には、無事にビザンチウムのハードフォークが行われたことが発表されました。

このビザンチウムでは、ゼロ知識証明を利用したプライバシー保護の強化が行われました。またマスキング機能によりセキュリティの強化も行われており、今後いずれかの時期に訪れるとされている、量子コンピューターからのハッキングにも対応できるようになっています。

また、スマートコントラクト機能も簡略化されたことで、イーサリアムを利用した開発が簡単に行われるようになるなど、多くの機能が強化されたり、新たに付け加えられました。このように、アップデートを重ねることで、その機能がより強化されていく仕組みとなっており、今後社会の技術革新が進んでいっても、それに遅れずに対応していけるような柔軟性が備わっているということができます。このような定期的なアップデートには、開発陣の相当な努力が必要であり、イーサリアムの開発陣の能力が高いことも証明されています。

イーサリアムのエアドロップとは?無料でトークンがもらえてお得な仕組み

イーサリアムのエアドロップとは、仮想通貨のイーサリアムを保有している人に対して、無料でトークンを配布することを言います。このように無料でトークンを配布する理由は、作られたばかりでまだ知名度が低いトークンを無料で配布することにより、多くの投資家に、そのトークンに興味を持ってもらったり、知名度を上げることができるからです。

エアドロップをもらうためには、まずエアドロップ情報を探し、そのサイトにアクセスします。そして、エアドロップ申し込み画面でメールアドレスやパスワードを設定、自分の「マイイーサウォレット」のアドレスなどを入力します。

イーサリアムのエアドロップで大切なことは、保有しているイーサリアムを仮想通貨取引所の口座ではなく、「マイイーサウォレット」というイーサリアム専用のウォレットに保管するということです。そこにイーサリアムを保管しておくと、自動的にその保有数に応じて、トークンが配布される仕組みになっています。手続きは手間がかかるものの、将来大きく値上がりする可能性があるトークンを無料でもらうことができますので、一度エアドロップに参加してみることをおすすめします。