2017年終わりから2018年はじめにかけてビットコインの価格は一気に高騰したこともあり、仮想通貨ブームを巻き起こしました。その頃に比べれば落ち着いた値動きとなっているビットコインですが、見方を変えれば価格が下がっているため買い時とも考えられます。そんなビットコインを最近になって始めてみたい、そう考えている初心者のために今回はビットコイン取引に必要な基礎知識をまとめてみました。

初心者のためのビットコインの始め方とは?

これからビットコイン取引を始めようという初心者の方は、まずは仮想通貨取引所と呼ばれるインターネット上のサイトにアクセスする必要があります。仮想通貨取引所とはビットコインの売買を提供している仲介業者で、ビットコインを保有しているユーザー同士が売買を行うことができます。また、取引所自体がビットコインの販売も行っています。

具体的な始め方ですが、取引所に口座開設する、日本円を入金する、ビットコインを購入する、このような流れになります。今までビットコインのことは全く知らなかったという初心者の方にとっても、決して難しいものではありません。初心者の中でも、Amazonなどのネット通販を利用されている方であれば、よりスムーズに口座開設できるほどの簡単さです。

ただし、仮想通貨取引所には「取引所」と「販売所」という2つのタイプが存在します。この2つは誰を相手にビットコインを取引するかが違うため、初心者には必ず覚えておいて欲しいポイントです。「取引所」では、ビットコインなどを保有しているユーザー同士が取引を行うことができます。それに対して「販売所」では、販売所を運営している会社からビットコインなどを購入することになります。

どちらなら初心者が利用しやすいかと考えると、それは「販売所」と言えます。「販売所」であれば、決まった価格や数量ですぐにビットコインを購入できることがその理由です。ただし、「取引所」と比べると価格が割高なことがデメリットと言えます。

初心者におすすめできるビットコインの解説本【3選】

ビットコインの情報はネットで簡単に手に入れることもできますが、初心者であれば本で学ぶことも1つの方法です。本であれば著者がはっきりしているため、情報の信頼度の高さが何よりの特徴です。また、専門のジャンルはあっても、情報が網羅されているためビットコインの全体像を掴むことができます。そこで次は、初心者におすすめできるビットコインの解説本を3冊ご紹介します。

1冊目は「いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン/著・大塚雄介」です。ビットコインなどのコインは専門性が高いジャンルのため難しい表現になりがちですが、この本は初心者にもわかりやすい言葉遣いで解説しています。ビットコインとは何なのか?や、ブロックチェーンの仕組みなどを初心者が理解するには最適の1冊と言えます。

続いて2冊目は「60分でわかる! 仮想通貨 ビットコイン&ブロックチェーン 最前線/著・仮想通貨ビジネス研究会」です。ビットコインが新規に発行される仕組みやメリット、過去にあった大きな事件など、初心者んもわかりやすい図解付きで解説されています。文字だけの本では疲れてしまうといった方でも、理解しやすい1冊となっています。

3冊目として紹介するのは「マンガでわかるビットコインと仮想通貨/監修・三原弘之 」です。タイトルの通り、漫画でわかりやすく解説されている1冊です。そして、取引所を運営しているビットバンク株式会社COOの三原弘之氏が監修をしていることも注目点です。また、漫画だけではなく文章でも解説されているため、初心者にとってさらに理解しやすい作りとなっています。

ビットコインをこれから始める初心者は少額投資から

ビットコインに興味を持ち始めると、一儲けしたい!と考えるかも知れませんが、初心者の方はまずは少額投資から始めることをおすすめします。ビットコインへ投資をすれば大きな利益を得られる可能性もありますが、まずは取引に慣れることから始めてみましょう。

少額と言ってもどのくらいから始められるかと言うと、例えば取引所のビットバンクでは0.0001BTCから、GMOコインでも同じく0.0001BTCから利用することができます。2018年10月時点でのビットコインの価格は1BTC=約74万円のため、0.0001BTC=約74円ということになります。ビットコインと聞くとかなり高額なイメージがあるかもしれませんが、実際にはこのくらいの少額から始めることができるのです。

ただし、ビットコインではビットコインFXも可能なため、この場合には損失が出ると借金を抱える可能性があります。ビットコインFXでは元手の数倍の金額を取引できるため大きなリターンを得られる可能性がありますが、それは借金を抱えるかもしれないリスクを負った上でのハイリターンなのです。そのため、初心者はまずは借金を抱えることのない現物取引から始めてみましょう。

ビットコイン初心者が口座開設に必要なものと2つの注意点

初心者がビットコインでの売買を始めるためには取引所に口座を開設する必要があります。そこで、実際の口座開設に必要なものや注意点を見ていきましょう。口座開設に必要なものは、メールアドレス、本人確認書類(運転免許証など)、銀行口座の3つになります。口座開設は無料で行えるため、余計な費用がかかる心配はありません。

銀行口座はネット銀行を利用することも可能です。ネット銀行であれば日本円の入出金が素早く行えるため、初心者でよりスムーズに利用したい場合はネット銀行がおすすめです。また、本人確認書類は写真を撮ってアップロードすることもできますし、配達業者に対面で本人確認書類を提示して確認してもらえる方法もあります。

初心者が口座開設するにあたっての1つ目の注意点は、二段階認証を設定しておくことです。二段階認証はセキュリティを高めるために有効な方法として考えられているため、万が一のことを考えた場合にはできるだけ設定しておきましょう。2つ目は、口座開設は1つの取引所だけではなく、複数の取引所で行うことです。常時、複数の口座を利用して資産を分散させておくことは、ハッキングされた場合や倒産した場合に資産を失うリスクを分散させることに繋がります。

ビットコイン取引を疑似体験できる初心者におすすめのアプリ

初心者の場合、すぐに本当の売買を始めてみるのは怖い場合もあります。そんな場合には、デモトレードができるアプリを利用してみましょう。初心者におすすめのデモトレードができるアプリには「はじめての仮想通貨」があります。ちなみにこのアプリは無料で利用可能で、iOSにのみ対応しています。

「はじめての仮想通貨」のデモトレード機能は、10万円を持っていることを仮定して売買を開始できます。ビットコインは0.001BTCから購入や売却が可能です。アプリでデモトレード機能を利用してみれば実際に売買する際のイメージがつかみやすくなります。また、「はじめての仮想通貨」ではビットコインに関する基本的な知識が記事にされているため、初心者でも基礎知識を学びながら売買を体験することができます。そのため、まずは初心者だけれどビットコインの取引がどんなものか体験してみたい、そんな方におすすめのアプリです。