仮想通貨TRON(トロン)について

TRONとは

ブロックチェーンと分散型ストレージ技術を用いて世界的な無料のコンテンツエンターテインメントシステムを構築することを目指す仮想通貨です。簡単にいうとTRONは真ん中に管理者のいないyoutube、pixiv、Appstore、showroom、VALUをあわせたようなサービスを作ろうとしているということです。

Pixivはイラストを投稿するサイトでAppstoreはiPhoneアプリをインストールするところ
Showroomは投げ銭ができる生放送配信サービスでAKBとかも配信していたりします。
VALUは個人が株を発行して資金調達できるサービスです。この中で1番イメージしやすいのはyoutubeですかね!今はyoutubeはあくまで「youtube」という会社のサービスで管理、運営もやっている状態です。TRONはその管理者をなしにしようとしているということです。そうするとどうなるか?今はyoutuberの人たちの収入源は広告収入が主です。

Youtubeを再生すると冒頭とか合間に流れているものです。あれが再生されるとそのたびに1円とかyoutuberの人たちにはいる仕組みです。今のyoutuberは広告を見られることによって収入を得ているわけです。コンテンツの面白さに対してお金が発生している訳ではありません。面白いコンテンツであればその分再生数も伸びて広告収入も増えるとは思いますがどこまでいっても広告収入です。

結果どうなるかといいますと広告収入だけを目当てにした釣りコンテンツが生まれてくるわけです。これはコンテンツの面白さへの対価ではなく広告が流れさえすれば収益になるからです。

TRONは面白さへの対価を追求

では、「コンテンツの面白さに対して対価が発生するようにしようじゃないか!」というのがTRONです。TRONであれば面白いコンテンツがあった時にその投稿者に対して直接投げ銭のようにTRONで使われる通貨TRXを渡せるようになるのでyoutuberのような人たちが広告収入に頼る必要がなくなります。面白いコンテンツを作った人に対しては面白かった分だけそれに対して報酬が支払われる。逆にただの釣り動画を上げている場合はつまらないコンテンツとして評価され報酬は発生しなくなります。

このようにクリエイターが正当な評価を受けられるようにし、コンテンツ全体の質を上げることがTRONの目的です。TRONの運営はシンガポールにある非営利団体「Tron Foundation」が運営しています。TRONについての補足ですがTRONは分散型ストレージ技術を用いる仮想通貨です。この「分散型ストレージ」とはなんですか?となりますが早い話がHDD(ハードディスク)記憶領域のこと。USBとかマイクロSDなど動画とか写真とか文章を保存するやつですね!分散型ストレージというのはそういった記憶する場所を分けて散らしみんなのパソコンで記憶しておきましょうということです。みんながyoutubeの動画を自分のパソコンに保存している感じです。そうすると記録したものが自由に改ざんされると思いますが違います。

ここで登場するのがブロックチェーンです。ブロックチェーンの特徴として一度記録したものは改ざんできないという特徴があります。ですので例え動画が手元にあっても勝手に改ざんしたりすることはできません。みんなで動画を共有していても著作権は投稿者のものということです。こうしてみんなのパソコンで動画の投稿記録や他の情報もすべて共有するので真ん中の管理者がいなくても成り立つのです。

TRONの特徴

無料のコンテンツエンターテインメントシステムを構築することを目指す仮想通貨TRONTRONの特徴は4つあります。データの解放、コンテンツの有効化、パーソナルICO、インフラストラクチャの4つです。まず、データの解放は無料で無制限に文字、写真、オーディオおよびビデオを含むコンテンツをアップロードし広めることができます。これはyoutubeと大差ないですね!

次にコンテンツの有効化はコンテンツを提供し普及させるとコインが得られる仕組みです。つまり、より良いコンテンツを上げるとそれに対してちゃんと対価が受け取れる仕組みというということです。次にパーソナルICOは投稿者がICOできる仕組み。ちょっと前に話題になった「VALU」と似た仕組みですね!

VALU=個人が株を発行して資金調達できるという。パーソナルICOはこれを株の発行ではなくコインの発行で行うということです。そしてそのコインを買った人は投稿者が人気になればなるほどコイン価値が上がり儲かる。投稿者も応援する人もどちらも儲かるWIN-WINな仕組みです。

インフラストラクチャは分散型のインフラをしっかり作りますよってことです。TRONという仕組みの中で価値を交換できたりゲーム開発できたりしっかりインフラとして整えていきますということです。簡単ではありましたが特徴はこんな感じです。

TRONの将来性について

特徴を見る限りyoutubeの上位互換という感じでいいコンテンツを上げれば上げるほど自分も応援してくれる人も儲かる仕組みですから今のyoutubeよりももっと流行ると思います。規制の面がどうなるかわからないですが真ん中に管理、運営している人がいないので今よりももっと刺激的なコンテンツが増えるかもしれません。

違法性が強いものは人気が出ず淘汰される。このさじ加減がちょっと難しいかもしれません。Youtubeの上位互換な感じですがおそらくTRONはそこだけではおさまらず、ゲーム、ビデオ、写真こういう色々なコンテンツのアップロードに使われていくのではないかと思います。

ですのでそういう意味でTRONはyoutube(ビデオ)、pixiv(写真、イラスト)、Appstore(ゲーム、アプリ)、showroom(生配信、投げ銭)、VALU(個人でコインを発行できる)を合わせたサービスを提供する仮想通貨という感じですね!これが実現したら面白いですよね!まだまだ価格は伸びますよ!

これからのTRONに期待

最後にまとめますとTRONはエンタメのための仮想通貨、本当に実現したらyoutuberのTRON版TRONER(トロナー)って出てくるかもしれません。もっとかっこいい名前になるとは思いますけど実現したらどんな未来になるのかワクワクしますね!ただ今はまだ計画段階でコイン自体も草コインと呼ばれるレベル。ビットコインやイーサリアムにくらべるとまだまだマイナーです。

TRONの考えているプラットフォームはこれからの時代とかなり相性が良いです。なぜならAIの普及によって事務職などの単純作業はロボットに移り変わっていきモノのインターネット化が進み、様々なクリエイターが活躍する時代がくるからです。クリエイターが大きな影響力を持つ時代になりつつあるので今後クリエイターを成長させるようなサービスは流行りやすいと考えられるのです。

そしてTRONの代表のJustin Sun氏(ジャスティンサン)を筆頭にサービスの拡大に積極的です。2017年にできたばかりなのにここまで成長を見せることができるのは仮想通貨といえどそうそうありません。現実のサービスへの導入をTRONはとても重要視しているのでこのまま多くのサービスでの導入が決まれば爆発的に価格が伸びる可能性があります。TRONがこれからしっかりと開発を進めていき、価値あるプロダクトを作っていけるかどうかについては注視していかなければなりません。

まだまだこの先どうなるかわからないので期待は大きいと思います。TRONはホワイトペーパーの盗用問題がありましたが今現在もアンチと信仰に分かれており、日本でも荒れている通貨の一つです。

最終的には儲けられればなんであろうが問題ないでしょう。なぜなら仮想通貨本来の目的は稼ぐために投資している人がほとんどですよね?それであれば利益が出る人が勝者であり、なんと言おうがまったく利益の出ていない人は敗者なのです。つまりそういった疑惑があったりなかったりしたとしても利益が出ればいい話だと考えています。TRONは今現在日本円にして5円ほどですがまだまだ伸びると思ってもいいでしょう。