仮想通貨OmiseGOとは
OmiseGOを作ったOmise社は、日本人が起業し、日本、タイ、インドネシアなどの東南アジアに拠点を持つ、「オンライン決済」の会社で、OmiseGOとは、主に東南アジアで、決済を媒介する通貨として使われるものです。東南アジアでは、銀行口座を作るのに多額のお金を必要なので、銀行口座やクレジットカードを持っていない人が多いです。しかし、スマートフォンは、すでに普及していて多くの人が手にしていて、スマートフォン同士で決済ができるようにしようとして作られたのがOmiseGOです。

また、OmiseGOを利用すると、送金を一瞬で行うことができます。日本では、銀行での送金システムが確立していて、新しいものを受け入れにくい日本人の性格から、仮想通貨の普及には壁があります。しかし、東南アジアでは送金や決済が不便な現状があるため、OmiseGOが普及するハードルが低く、タイでは3分の2のモバイル会社が利用していて、今後のさらなる普及が期待されます。Omise社は、SBIやSMBCといった日本の大手企業も支援しています。OMGコインは、中国政府が取引のガイドラインを設定すると人気が出て上昇し、ピア・ツー・ピアの新しい送金形態として注目されています。OMGは、bittrexやpoloniexなど他の様々な取引所でも買うことができますが、Binance(バイナンス)がオススメです。なぜなら、手数料の圧倒的安さです。

イーサリアムとの関係

OmiseGOは、イーサリアムと連携しているというのが一つの大きな特徴です。そのため、万が一イーサリアム(スマートコントラクト)にトラブルがあり、信頼が失われたりということがあると、当然イーサリアムをベースとしているOmiseGOも同時に信用を失い一気に暴落するということも起こり得ます。もちろん、イーサリアムの価値がより広く認められるようになればOmiseGOもより優れた決済プラットフォームとして認められるようになる、といったこともあり得ますし、このようにプラスにもマイナスにもイーサリアムの動きに左右され得るという問題があります。

これはOmiseGOだけの問題ではないのですが、OmiseGOがベースにしているイーサリアムは、「スマートコントラクト」と呼ばれる、取引・契約記録を記録できる技術を利用しています。このスマートコントラクトですが、ビットコインなどのようにコインのやりとりだけを記録するのではなく、同時に取引・契約内容も記録するため、その分データ量がかなり大きくなってしまいます。このままだと将来スケーラビリティ問題に直面することはほぼ不可避だと思われるので、データ量が膨大になってしまってからどうするのか、という問題があります。OmiseGOは、東南アジアをメインターゲットエリアとし、将来的には東南アジアのNo.1決済プラットフォームとなることを目標としています。

Omiseはすでに、タイ初の決済ゲートウェイサービスプロバイダーの一つとして設立されたPaysbuyを買収するなど下準備を整えています。また、タイのマクドナルドとの提携が決まったように、これからも東南アジア諸国の小売店でも採用されていけば、東南アジアでの決済手段としてかなりメジャーになっていくことが期待できるでしょう。また、OmiseGOは「OmiseGOブロックチェーン」を基盤としています。このブロックチェーンは、様々な決済ネットワークを介した取引を行うときの時間、手数料を削減するために作られた独自のブロックチェーンです。OmiseGOのユーザーはこのブロックチェーン上で仮想通貨、トークンのやりとりをすることになります。

イーサリアムブロックチェーンとの連携

様々な決済ネットワークを経由する以上、複数の仮想通貨やトークン間での取引が増えてしまうことは避けられません。しかし、いろいろな種類の通貨・トークン間での取引を可能にすると、それら全ての取引への対応はかなり大変になってしまいます。そこでOmiseGOが活用しているのが「イーサリアムブロックチェーン」です。まずあらゆる取引の媒介としてイーサ(Ether)を用います。そして、複数の仮想通貨・トークン間での取引に対応できるイーサリアムブロックチェーンを利用し、決済はOMGブロクチェーンで行うという風に連携をすることで、様々な仮想通貨・トークン間の迅速な取引を可能にしています。

話題になったエアドロップ(AirDrop)無料配布

OmiseGOといえば、今年の夏にエアドロップ(AirDrop)を行うことを発表し、かなり注目を浴びました。エアドロップとは、仮想通貨をタダで配布するという、なんとも驚きなものです。今回は、7月7日時点で0.1ETHを超えるETHを保有していたアドレスに、トータルで5%のOmiseGOが配布されました。

OmiseGoのメリット

主に東南アジアで、決済を媒介する通貨として使われるOmiseGoOmiseGOは、銀行口座を持たない人の多い東南アジアで普及することを目的としています。OmiseGOアプリを利用すれば、自分のお金の管理、やりとりをすることが可能になるため、銀行口座を持ち、面倒な手続きなどをする必要がなくなります。OmiseGOはイーサリアムブロックチェーンを利用することで、今までは面倒だった異なる決済ネットワークを介した取引を、迅速に行うことを可能にしています。また、OmiseGOは、すでに多くの有名な企業と提供しています。
・SBIインベストメント
・SMBC(三井住友銀行)
・ascendcapital
このような大手企業と提携していることからも、OmiseGOの事業はかなり期待されていることがわかります。OmiseGOは開発陣が豪華で、アドバイザーには、イーサリアムの創業者Vitalic、共同開発者Dr. Gavin Woodや、Golemの創業者Julian Zawistowski、世界有投資家Roger Verらがいて、有力なアドバイザーがOmiseGOには集まっているので、今後、 OmiseGoの機能は期待できるといってよいといえます。

OmiseGoのデメリット

OmiseGOはイーサリアムブロックチェーンをベースとしているため、OmiseGo自体の決済システムに何の欠陥も見つからず、順調に利用者も増えて普及していったとしても、そのベースとなっているイーサリアム自体の信頼が失われるような事件(実際には問題がなくても世間にそう思われてしまうような事件)があれば、OmiseGO自体の信頼が失われてしまうのは不可避な問題となります。 OmiseGOは東南アジアでの決済プラットフォームを築くことを目指していますが、実際にはもちろん全域というわけにはいっていません。OmiseGOには多くの期待が集まっていますが、まだサービスを開始してから間もなく、運用されているのはシンガポールやインドネシアなど東南アジアの中でも発展している国だけです。まだまだ発展途上の国が多い東南アジアでこの目標を達成するまでに数多くの問題が立ちはだかる可能性はあります。

OmiseGOはスマートフォンを利用する仮想通貨として今後期待ができるものといってよいでしょう。また、イーサリアムと連携しているので、イーサリアムの動きとあわせて、今後の動向を見ていく必要があるといえます。