今週のエイダコインは、15日に一時4円以上まで上昇した後に、期待に反して相場が下降を辿りました。仮想通貨取引量も市場全体の15位まで落ち、いま一つ頑張りが足りていません。ツイッターやフェイスブックに投稿されるホルダーたちのテンションは相変わらず高いのですが、市場の判断は異なっています。市場の下降評価に伴い一時は大人しくなっていたアンチエイダコインユーザーの活動も再燃してきて、せっかく「詐欺通貨」から脱却して希望に満ちた仮想通貨となっていたのにまた、不安要素が増えてきています。

それに反するかのごとく、BITTREXでエイダコインと引き換える事ができるビットコイン市場に市場は流れていてビットコインの相場は今は63万円台まで高騰し、最高値では10月15日に64万8千円の値段を付けていました。チャールズ・ホスキンソン氏の予測に反してエイダコインの勢いはここでストップするのか、カルダノの動きに注目が必要です。

10月14日のカルダノ主催ローンチイベントの影響は?

カウントダウンがエイダコイン相場上昇のトリガーとなるか10月14日に、東京都渋谷区でカルダノがエイダコインのローンチイベントを開催しました。カルダノとしては、「エイダコインが無事上場できた事はとても喜ばしい事だ。この素晴らしい仮想通貨を使ってこれから頑張るぞ」という意気込みを伝えたかったのでしょう。ですが、エイダコイン公開前から噂されていたカジノのプラットフォームの話題や身分証明書として使えるようになる事はすっかり忘れてしまったかのごとく持ち上げられませんでした。その事も災いし、冷静にエイダコインを評価する方々から「今、何に使えるのか」という問いに答える事ができない、投機として売り買いするだけが目的の通貨となってしまっています。

イベントに参加した人たちも、参加者限定の情報があるのではないかと生き勇んでいたのではないでしょうか。期待を呼んだローンチイベントでしたが、蓋を開けても新しいプロモーションは無く、エイダコインの人気を伸ばす要素が少なく終わってしまいました。折角、ローンチイベント開催の噂や他の取引所でも取引できるようになる期待から相場は一時急上昇していました。しかし残念ですが、好印象となるプロモーションが見当たらない為その価値は横ばいとなり、急上昇していた相場は上げ止まりました。

取引所の拡大延期!?bittとクリプトピアに上場せず

10月18日、エイダコインはBITTREX以外の新しい取引所BittとCryptopiaでも利用できるようになるとカルダノの公式で発表されていました。新しい取引所に対応できるとなるとエイダコインの流通量が増えてその価値はさらに増す事から期待できると言われていました。ですが実際に10月14日になってもエイダコインは新しい取引所たちに姿を見せず、各取引所もエイダコインに対する取り扱いに関する評価を行わずに、噂に惑わされた人たちはキツネにつままれたような気持ちでした。

現在でもカルダノ公式でBittとCryptopiaに上場予定の記載はそのまま残っているのですが、「Coming Soon(近日公開予定)」と、その期日を修正されています。今回の取り扱い取引所追加の延期ですが、実は今回に限った事ではありません。エイダコイン公開までのロードマップにもありましたが、取引所に新しい仮想通貨の取引を依頼するのは相当に骨の折れる仕事です。そのためにBITTREXに上場した時にもすんなりと契約が進んだ訳でなく、9月半ばからロードマップのチェックが行ったり来たりしながら何とかBITTREX上場に結び付けたのです。ですから今回も、カルダノは新しい取引所上場は長い目で見ているのかもしれません。BittとCyptopiaではたまたま話が早くまとまりそうだったのかもしれませんね。

投資家としては一日でも早く上場してもらえると、ホールドしている仮想通貨の価値が上がって嬉しい訳ですからあちこちのメディアで騒ぐでしょうが、ここは急ぎすぎて情報に惑わされず、正しい公開日時をじっくりと待ち、必ず相場が上がるその日を待ち続けましょう。

チャールズ・ホスキンソンは2018年までエイダコインを持たないとの「噂」

とても驚きの発言です。嘘か誠か、エイダコインの開発者であるチャールズ・ホスキンソンは2018年まで1ADAも持たないという情報が入ってきました。ツイッターなどでも今後拡散される可能性のある内容ですが、カルダノの公式などを辿ってもそのような記載は無く、言葉の真偽は不明です。

開発者が、自身が手掛けた仮想通貨を持たないという事は、その信用性に影響を与えかねません。警笛として記事に記載しますが、今後、この情報を目にする機会があっても、急いでエイダコインを売ってしまわないように、今後の様子を伺いたいと思います。何度も言いますが、「チャールズ・ホスキンソンがエイダコインを持たない」という噂の真偽と噂の意図は不明です。何らかの情報が入り次第、お知らせします。

10月21日にエイダコインに仕手筋が入る

公開から現在まで新しいプロモーションが出てこないエイダコインですが、ついに10月21日に何かが起こるようです。10月14日に行われたローンチイベントでも公表されなかった内容でして、様々な憶測が飛び交っていますが、一体何が行われるのかは不明です。現在分かっている事は、カルダノ公式で謎のローンチカウントダウンが発生しているという事のみ。

今後もこのような遊び心のある方法で新しいプロモーションが行われるのでしょうか。とても楽しみですね。筆者はこのカウントダウンについて、前回のローンチの表になぞらえて新しい取引所に上場するのではないかと見ています。今まで様々なサプライズを見せてくれたカルダノが、1か月もユーザーを放置するとは考えにくいと考えています。カウントダウンが近づくにつれて、エイダコインの相場も変動しそうですね。

カウントダウンが相場上昇のトリガーとなるか

10月20日現在、エイダコインの悪い噂が多く広まった事で市場心理を煽り、相場の動きは奇妙なグラフを描いています。不安からエイダコインを売り、他のアルトコインに再投資するホルダーも出始めている為、何らかの起爆剤が無い事にはエイダコインの相場は下がる一方でしょう。その事を予測してカルダノは動いているのか、今公開されている謎のローンチカウントダウンは世間の注目を集めています。このカウントダウンが終わる頃にはどのような事が起きるのか、様々な憶測が飛び交っています。

・以前から言われていたカジノプラットフォームが公開されるという噂
・デビットカードシステムが実装されて配布が始まるという噂
・エイダコインがBITTREX以外の新しい取引所に上場するという噂

どれが実装されても喜ばしい事です。もしかしたら、ここに記載していないような我々の思いつかないサプライズが待っているかもしれません。今後はカウントダウン後に発表されるであろう好材料への期待値から多少の価格上昇は見込まれるでしょうが、本格的に価格が上がるとなると、カウントダウンの結果次第となります。結果を見るまでに私たちが出来る事があるとすれば、カルダノを信じて待つ事のみで、エイダコインを無駄に売らない事です。カルダノが予定するエイダコインの価格は1$=1ADAですから、カルダノの活動は止まりません。むしろ、まだ始まったばかりです。