2018年1月のコインチェックでNEMが不正に盗まれた事件を契機に、各メディアは仮想通貨やブロックチェーンの報道を積極的に行っています。渦中にある仮想通貨NEMはセキュリティリスクが高いものと感じる方もいると思いますが、実際のところは安全性の高い仮想通貨の一つです。

不正流出以前は200円以上まで価値を高めたNEMですが、2月になり50円程度まで下落したため、今後の将来性に不安を感じている方も多いのではないでしょうか。コインチェックによってファンダメンタル要素が先行した為に相場下落となりましたが、NEMの本質を辿ると将来性は高く、期待できる仮想通貨の一つです。

ネム(NEM/XEM)とはどんなコイン?

仮想通貨は、ビットコインをはじめ、世界に約1,500種類あると言われています。各仮想通貨は、その安全性を高めるように、他の通貨やアプリとの親和性、決済の利便性向上などの目的や使われ方に応じた開発がされています。NEMはゲームやTwitterなど、アプリとの連動が特徴的と言われています。

そして、名前の由来は、New Economy Movement(新しい経済活動)の各頭文字をとって命名されました。ここで誤解されやすいのですが、NEMは前述の仮想通貨開発技術のことを指します。そして、NEMの技術で発行された通貨名や通貨単位をXEMと言います。

国内取引所ではコインチェックとザイフで取引されており、2017年はリップルと並んで急速な成長を遂げました。非常に期待されている通貨なので不正流出後も根強いファンが多く、取引の時価総額は常に上位10位内に位置するメジャー通貨として有名です。

ネム(NEM/XEM)の将来性は?これから価格は上がる?

結論から言えば、相場下落は一過性のものと判断でき、NEMの相場が上がる可能性は十分にありえます。

その相場は1月には200円オーバーまで上げていた事もあり、2月はコインチェック騒動によって50円台まで下がっていますが、この下落は一過性のものと考えられます。NEMに限らずメジャー仮想通貨のRippleやEthereumなどは過去2年に渡り何度も暴落と高騰を繰り返しながら相場を上げていったという過去が参考になるでしょう。

さらに利便性や安全性向上の開発と改善を繰り返しながら仮想通貨が日常生活に実用化すれば、我々が現在使っているドルや円のように定着して日常的にNEMが使われる未来も考えられます。

その未来が実現する事を前提に、長期的視野でみれば上がると言えます。短期的な視点での価格高騰を期待しすぎて投機的な購入をする人も跡を絶たないでしょうが、2018年は仮想通貨が選別される時期です。

NEM、Ripple、ADAのように安全性が高く流通性の良い仮想通貨を除き多くの仮想通貨は排他され、厳選された仮想通貨のみ相場を上げて安定していくでしょう。その中に、SNSサービスとの親和性の高いNEMは厳選仮想通貨に入っていると言えます。

ネム(NEM/XEM)の保管に有効なウォレット「nano Wallet」

今後の将来性と取り扱い方法先日のNEMが流出した事件で安全性、信頼性の重要さを再認識した方は多いのではないでしょうか。しかし、取引所では他者のネットワークと繋がる場である性質からセキュリティ対策は万全と言えるものではありません。

例えば、絶対に不正の無い取引所で取引を行っていたとしても、使用しているパソコンにキーロガーが仕掛けられてログイン情報を盗まれてしまうと、絶対に不正の無い取引所でも自己資産が流出してしまいます。

ですから、自己資金を分散させて取引後は自己防衛のために、ハードウォレットなどのウォレットに資産移動することをおすすめします。最も手軽なウォレットでは、NEMのオフィシャルが推奨している『nano Wallet』があります。

ウォレット機能に特化したモバイルアプリなので、NEMの保存に最適でしょう。このnano Walletには、Windows版、android版、iOS版と3種類あります。モバイル端末単体でもウォレット操作は可能ですが、基本操作を覚えるために、まずはwindows版をインストールして操作に慣れましょう。

そこでウォレットを作成する際にバックアップを求められる秘密鍵とウォレットファイルはパソコン内に保存し、念の為にUSBメモリなどの外部ストレージにバックアップを取ります。

そうする事でさらに安全性を高めることができますが、この2つのどちらか1つでも紛失すると、作成したウォレットデータが復元できなくなるので取り扱いに注意が必要です。

NEMの取引に適した取引所

NEMに限らず仮想通貨のトレードを行う際に必要なサイト条件は、チャートや現在価格が分かりやすい、売買作業が円滑にストレスなく行えるようなサイトであるという点を重視しましょう。

しかし各取引所で目当ての仮想通貨が取り扱われているとは限らないので、銘柄に応じて強い取引所を選ぶべきです。NEMであれば、国内取引所のザイフが取引高や手数料面で最も適していると言えます。

ザイフの取引手数料は国内では最も安いので魅力的ですが、トレードを頻繁に行う人はザイフ特有であるサーバー混雑時に起きるトレードの鈍化を特に注意しなければいけません。しかし一旦購入すれば価格上下しても長期保有する人、いわゆるガチホする人にとってサーバーの鈍化は影響が少ないので、非常に扱いやすい取引所でしょう。

もし英語の読解能力があるのでしたら、海外取引所のバイナンスも検討してみましょう。バイナンスは世界最安値の手数料を目指しています。さらに今後、日本取引所開設の噂もあるのでチェックしておくと良いでしょう。

ホリエモンとひろゆきが流出騒動にコメント

「週刊プレイボーイ」のコラム記事にて、堀江貴文氏と元2ちゃんねる管理者ひろゆき氏が今回のNEM流出騒動についての対談を行いました。

ひろゆき氏は仮想通貨モナーコインの発行を手掛けているために市場への深い見識があります。その一方で堀江氏は、NEMを積極的に取り扱う取引所のザイフにアドバイザーとして関わっているため、NEMへの思い入れはひろゆき氏より深いのではないでしょうか。

対談の中で堀江氏は「コインチェックは、慣れないアルトコインに手を出して、社内技術者の確保ができなかったのではないか」とコメントしているのは、取引所としてNEMについて理解が十分でなかったとの意味合いであり、自身の知識量と比較している節が見受けられます。

また、ひろゆき氏においては「NEM財団自体はコールドウォレットを推奨しているので、ノウハウのない特殊な実装ってわけじゃなくて、リファレンス(参照先)のある実装なんですよね。」など、両者ともにNEMに対しては肯定的な談話となりました。

今回の談話では、ブロックチェーンを使用した仮想通貨はセキュリティに優れている為、技術者の常勤などの管理体制さえ整えていれば、不正が行われる可能性は低いということが前提であり、著名人二人もブロックチェーン技術の信頼性は認めています。

NEMもブロックチェーンを採用している仮想通貨の一つなので、その信頼性は確固たるものです。

NEMの買い時はいつが良いのか

これからNEMの購入を検討しているのでしたら、少しでも早いうちが良いでしょう。2月中旬は50円前後の相場に留まっているため、今後の価格上昇に備える余裕があります。

メジャー仮想通貨が軒並み相場を高騰させている事実と、今後の流通経路が確定した時に相場が平均化されることを考えると、まだ価値に対して低い相場を行き来している今がベストと言えます。非常に期待を集めている仮想通貨なので、今は実績が少なくとも今後に期待したいものですね