仮想通貨と言えば、ビットコインの存在は無視できないでしょう。その値段もさることながら、ビックカメラグループでの取り扱い開始、大手企業の取り扱い検討・開始など非常に活発な動きを見せています。また、ビットコインは電子マネーと同じようにネット上の存在でしかありませんが、いつも私たちが使っている法定通貨である円やドルなどと同様の使い方が出来るものです。そして、世界中で取引されているコインは様々な種類があるので、取引所や通貨によって買えるもの、取引できるのもが異なります。ビットコインでしか売買できず、法定通貨から直接投資できないものもあります。一番古いコインであるビットコインですらもシステムへのユーザー不満が高まり、何回も分裂を繰り返したりしていますが、市場としては今後更に拡大していく可能性が高いと言えるでしょう。

仮想通貨の現在価値とは

仮想通貨の投資について知ろう仮想通貨は、通常の法定通貨と同じように全てが一定の価値を持っています。しかし、法定通貨においては、価値の変動はほとんどありませんが、ビットコインやアルトコインでは、その価値は激しく上下します。そして、その激しい値動きを利用する取引によって、利益を狙いやすい通貨ともいえるでしょう。取引では、株やFXなどよりも参入して利益を上げるという目的を達成しやすく、参入時に必要な法定通貨の量が少なくてすむため、参入する敷居そのものが非常に低いものであることはメリットの1つとなっています。ビットコインやアルトコインそのものの安全性について言えば、システムとしてはかなり強固に守られていますが、取引所での取り扱いにおいてはセキリティ性が甘ければ破られる可能性があります。ネット上の存在である為、ハッキングのような電子的な攻撃で、もし無力化或いは不正操作を受けるようであれば、そのコインの価値は無くなるというリスクはいつでもあることに注意しましょう。

また、ビットコインやアルトコインは、作成しようと思えば誰にでも作成可能なものではありますが、一定の量が普及している、或いはすでに取引所で取り扱われているコインのみを運用するのが賢明です。これは、よくわからない通貨を売りつけてくる詐欺に合わないための対策でもありますが、利益的な意味でも、どこの取引所にも取り扱いのない通貨の将来性は低く、リスクが大き過ぎる為です。逆に言えば、多くの取引所で取り扱いのあるコイン、法定通貨で取引できるコインには、一定の信頼性があります。また、取引所そのものにも国の認可が下りている安心感もあります。そして、何よりも一部のユーザーによる故意の価格操作などがあったとしても、その流れさえ読めれば24時間取引が可能である為、利益を出すことは不可能ではありません。

ビットコインやアルトコインは、法定通貨である円やドルの代わりとなり得るものであり、発行したのが国や企業などの機関であっても、個人であっても、最終的には消費者の需要によって価値が決定されっます。つまり、価値の変動が激しい今のうちに新しい仮想通貨を開発し、取引を行ったり、流通させることが出来れば、国家や機関としても新しい財源を確保できるという可能性すら秘めていると言えるでしょう。実際に、中国やロシアは国家としての何らかのコインを発行する計画があります。

仮想通貨という市場を知ろう

仮想通貨の立ち位置と考慮するべきポイント仮想通貨の市場は、拡大傾向にあります。実体を持たない電子上の通貨の市場が拡大傾向にあるということは、それだけ多くの人が、法定通貨を使って様々なコインを購入し、その市場に期待感を持っていることになります。もっとも、その種類は多く、有名なビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなどだけではなく、続々と新しいものが作成されています。
しかし、それらの取引においては、確実性のある取引は取引所以外では立証しがたいのが現状です。更に言えば、新しいコインが発行されても、実際に取引所で売買されるような、将来性のあるコインは限られており、むしろ少ないといえます。ビットコインについても、ビットコインキャッシュ、ビットコインゴールドなどの分裂をしており、今後は更なる分裂の動きも情報として存在しています。

仮想通貨は世界中で取引されているため、1つの国が規制したとしてもその勢いを止めることは不可能でしょう。確かな価値を認められているコインは世界中で売買できることに加え、自己管理技術が発達しているので、国や政府の制約をうけることもありません。しかし、市場全体として、仮想通貨そのものの値動きが激しいことと、法整備そのものが整っているとは言えない状況でもある為、投資をしても、必ずしも利益が出るわけではないということを忘れないようにしましょう。

仮想通貨の投資について考慮したいこと

仮想通貨の投資は、何も考えなければ利益を出すことは非常に難しいものです。仮想通貨を取引して利益を出すためには、現在の価値のみでなく未来に起こりえる情報まで含めたうえで、購入・売却・維持を決定し、取引を行う必要があります。そのコインにどのような将来性があるかということは、調べればある程度入手できる情報から推測可能であり、そのイベントを経てその通貨がどうなっていくかを見定めることが利益へとつながる第一歩です。もっとも、現在のレートから数時間で価値の変動があった場合、自分の入手したレートに比べ利益が出ているようなら売却すればいいと考えることもできますが、売値と買値には差があり、悪意のある価格操作なども不可能ではない為、普段からチャートなどの推移は随時確認しておきましょう。

また、時価総額が高いコインは安心ですが、時価総額がとても低くてほとんど取引されていないような、詐欺のような通貨も存在しており、取引所で売買されているものも少しですが存在します。このように、全てのコインが安心できるものではありません。もっとも、ユーザー数が多く、信頼性の高いコインは取引所で利用されるケースが多いため、詐欺通貨はほとんど上場していないと言えます。しかし、通貨ごとに価値が違うというとは、上昇率も異なります。例えば10万円の価値だったものが5万円になるのか20万円になるのかは一切不明であり、結論から言えば、元々安価で保有していたユーザー以外は短期的な運用には向きません。

更に言えば、ビットコインやアルトコインへの売買取引における運用は自己責任であり、投資における責任は全て自分で負う必要があります。その為、取引に使用するお金は余剰資金や使用しても生活を圧迫しない額に留めることを念頭に置きましょう。
もし、借金などで投資用のお金を作ったとしても、その金額全てが回収できるとは限らず、選ぶ通貨によっては半額以下となることも少なくないことを念頭においてください。

仮想通貨取引のこれから

仮想通貨の取引は今後、更に活発化していくでしょう。大手証券会社での取引はより拡大し、新たな仮想通貨も発表されています。その為、仮想通貨の取引額は時とともに増加していくと予想されます。その為、投資のしやすい金融商品としての一面を持つ仮想通貨について、参入に迷うのであれば低額で購入した銘柄を保持しておくという方法は有効です。保持しておくだけならば、税金などの課税もありません。もっとも、1万円で購入したものが2万円になるためには、その仮想通貨の総額が2倍になる必要がある為、どのような買い方をしても情報は必要となります。

また、仮想通貨の価値は、誰にも決めることが出来ません。一部の裕福層による価格操作はビットコインキャッシュでありましたが、それは他の通貨でも起こり得ることです。つまり、価格操作があったとしても需要と供給のバランスが保たれているのであれば、その通貨は価値をなくすことはありません。しかし、取引が拡大していく傾向にあるということは、裕福層による利益の操作はこれからも増加していく可能性があります。

仮想通貨は、運用によっては大きな利益をもたらすものでもありますが、同時に自分の資産を減少させてしまうリスクもはらんでいます。その為、仮想通貨の取引を行う際は出来る限り長期的な視点で運用することを心掛けましょう