2017年末頃からビットコインを中心として、ある動きが活発化してきました。それは、仮想通貨の新たな取引方法にETFを導入するという案です。これは、仮想通貨投資家のみならず、株式投資家など様々な投資家も注目をしている計画で実現すれば仮想通貨の認知度や価値に影響をあたえると予想されています。しかし、投資未経験者・仮想通貨投資を検討している人・仮想通貨投資初心者の方達からすると、仮想通貨投資の現物取引でも仕組みを覚えることが難しいと感じることもありますし、ETFとなると更に難しい内容の取引が入ってくると思うでしょう。

そして人によっては、ETFという未知の分野について知らないまま遠ざけることもありますが、内容を知った上での判断と知らないで何となく判断するのでは機会損失ともいえます。ETFや仮想通貨版のETFの基本について知っておくだけで、今後実現した時に自分の判断で取引をする・しないを決めることができます。しかし、知らなければETF取引をする選択肢は難しく、後々関心が湧いたとしても市場が高騰した後では収益を出すことが難しくなる場合もあります。

そこで今回は、2018年に入り、仮想通貨投資家も注目している仮想通貨のETFに関する仕組みや特徴について紹介していきます。

ETFは仮想通貨専門用語ではない

ETFでの仮想通貨取引仮想通貨投資家といっても、その経緯は様々なです。仮想通貨バブルや「億り人」を見た投資未経験の会社員や主婦などが、仮想通貨で初めて投資を経験する場合もあります。他には、元々株式投資やFX、信用取引などを経験している方が、新たに仮想通貨投資も始めるパターンもあり人によって知識や経験が違います。従って、仮想通貨のETFに関する情報を聞いて、投資未経験の方は仮想通貨の新たなシステムか取引方法と思うでしょう。しかし投資経験者からすると、仮想通貨のETFと聞いた場合は、仮想通貨でもETFの取引方法を始めるという考え方になります。

なぜ、このような受け取り方の違いがあるかというと、そもそもETFは仮想通貨の専門用語ではなく、更に仮想通貨独自の取引方法でもないからです。また、元々は株式投資で提供されているサービスですので、投資経験者は株式投資で提供されていたサービス(商品)が仮想通貨市場でも導入されるというように受け取ります。従って、考え方としては後者の方が正確と言えるでしょう。

ですので仮想通貨投資初心者の方は、まずETFというのは仮想通貨の専門用語でも独自の取引方法でもないことを知っておきましょう。また、元々は株式投資などで提供されていた金融商品のことです。

次は、仮想通貨で実施されるETFの前に、元々株式投資で提供されていたETFの意味と仕組みについて説明します。なぜ、ここから知る必要があるかといいますと、仮想通貨のETFは元々の意味であるETFの応用として活用されるイメージです。ですので、基本である株式投資のETFを知らなければ、仮想通貨版のETFについて仕組みやどのような運用方法なのか理解しにくくなります。

ETFとは、Exchange Traded Fundsの略称で日本語では上場投資信託と呼びます。内容は、東証株価指数や日経平均株価など特定の株式を購入するのではなく、1つの商品に複数の株式が含まれているパックを購入するイメージです。従って、投資初心者で個別銘柄の分析が難しいと感じる方も含めて、様々な投資家が運用している有名な金融商品です。

特徴は日経平均株などの指数に連動するので、急激な価格変動を抑えた安定型の運用を組み立てる事ができます。また、提供している商品は取引所に上場しているので、取引時間内も取引所に沿っていますし、取引時間内であれば株式投資同様に売買注文が行えます。また、それによって取引時間内に価格も変動することが特徴の1つです。

似ている商品として投資信託がありますが、こちらは非上場で尚且つ取り扱っている所は証券取引所ではなく販売所という違いがあります。この場合の販売所とは、ファンドごとに異なり銀行や郵便局など様々です。このようにETFは、指数や複数の株式、原油や金など様々な種類が存在します。

仮想通貨版のETFとは

ETFの仕組みについては、前述の解説で基本は理解できたでしょう。次は、仮想通貨で検討されているETFについて解説します。仮想通貨も株式投資と同じく、市場があり各銘柄が存在します。従って、投資という点では共通点があり、理論上ETFとして提供することが可能です。

そこで、仮想通貨取引所などは、いくつかの方法でETFとして提供することを検討しています。

1つは、株式などを取り扱っている証券取引所へ仮想通貨を上場させ、その売買にも仮想通貨を適用するという案です。これは、主にビットコインで想定されているETFで、目的としては基軸通貨ビットコインを通じて仮想通貨の認知度向上や信頼性を高める狙いもあります。

証券取引所でビットコインが取り扱われるようになれば、仮想通貨市場のみで運用されていた通貨が株式やFX同様のさらに大規模で政府なども関わる市場で運用されるようになります。そうすれば、前述でも解説したように、透明性や信頼性が高まり機関投資家からの資金流入も見込めますし、ビットコインの価格もこれまで以上に上がる可能性があります。

2018年6月時点では、ビットコインETFについて計画段階ですが、アメリカのCMEなどが本格的な運用を検討している情報もあり今後上場する可能性も現実的となる可能性があります。

もう1つは、仮想通貨のETFがあり、それは後述でも紹介しますが仮想通貨取引所が選んだ複数の通貨をまとめて1つの指数にし、同取引所で取り扱うという方法です。こちらの場合は、前者と違い一般の証券取引所ではなく、あくまでこれまでと同じ仮想通貨取引所での取り扱いになります。従って、仮想通貨のETFとしては、課題も残っている方法ですが、実施しやすさという点で取引所側が提供を検討しています。

ビットコインのETFが実現した場合のメリット・デメリット

仮想通貨版ETFの実現に向けての市場の動向仮想通貨及びビットコインのETFが実現した場合のメリットとしては、まず仮想通貨の信頼性が高まることが考えられます。基軸通貨ビットコインやイーサリアムなどを中心として、急成長と共に市場をけん引していますが、仮想通貨取引所という限定された状況での話でした。従って、株式市場などと比較すると限定的な市場という面で信頼性に疑問が残ります。

また、市場規模拡大のポイントでもある機関投資家についても、安全性や信頼性などの側面で大きな損失を避ける為に市場参入に慎重です。これら全てに共通する限定された市場と、信頼性を改善する為にもETFによる証券取引所上場が大きなメリットとして考えられます。

次のメリットは、前述の信頼性が向上する事と関連して、機関投資家による資金流入が見込める点があります。機関投資家による仮想通貨取引が活発化すれば、市場の流動性が高くなりアルトコインの価格上昇の材料にもなり得ます。

続いてデメリットですが、投資信託と違い取引所での運用・売買となるので、資産価値による価格決定ではなく、需給関係の価格決定となり通常の仮想通貨取引同様に分析・予測するテクニックが重要となります。従って、指数に沿った価格の他に、取引所での売買頻度や需給関係による価格変動の側面があります。

仮想通貨取引所フオビが仮想通貨ETFを発表

2018年6月1日に、取引量世界3位の仮想通貨取引所フオビが提供する仮想通貨ETFについての発表がありました。内容は、同取引所で取り扱われる商品にETFと同様の仕組みを使った、複数の通貨をまとめて1つの指数として販売する取引方法となっています。仮想通貨投資家などが考えていた、証券取引所への上場とは違う方法ですが、本格的な仮想通貨ETF運用に向けた足掛かりとして注目されています。