トークン発行によって資金を集めるICOのメリットとデメリット

株式投資の世界では新規に上場して投資家から資金を調達する企業があり、その事をIPOと呼んでいますが、企業や団体などが資金を調達する方法にICOがあります。

ICOは行う事業などの計画等を公表してトークンと呼ばれる独自の仮想通貨を発行します。
そして発行したトークンによって集めた資金で事業を行ったり、トークンを購入した人にサービスを提供したりしています。そして発行したトークンが広まって仮想通貨の取引所で取り扱うようになれば、トークンの価値が上がり安定した資金の供給源になるため、事業を安定的に継続したり更に事業を拡大することも可能になります。

一方で、目標として掲げている計画に共感を抱くことができれば、そのICOの将来性に投資をして一緒に計画を実現していくパートナーになることができますし、そのトークンを利用してサービスを割安で受けることも可能になります。更に資金を集めている段階でそのトークンを購入すると、将来仮想通貨の取引所に上場することで価値が上がることによって利益を得ることができるため、単に投資の対象としてICOに参加することも可能になります。

ただ、ICOによって資金を集めても事業が成功するとは限らず、計画に無理があったり何らかのトラブル等で事業が失敗したり、事業そのものに実現の意思が無くて資金を集めた後に連絡がとれなくなってしまうこともあるため、このような詐欺的なICOには注意が必要になります。

ICO投資に失敗しない3つのコツ

まず一般的に新規に行う事業が将来性の高い事業で無理のない企画を経てて実行しようとしていても、急激な状況の変化などによって事業が失敗する可能性はどの様な事業でもあり得ることになります。ですから、最初に念頭に置いておきたいことは、無くなっても困らない資金だけを投入して投資を行うことにあります。実際ICOが成功して仮想通貨の取引所に上場されることがあれば、大きく値上がりすることがあり得ますがその一方で資金を全て失うハイリスクでハイリターンな投資になるため、無理のない金額で投資を行うことが重要になります。

そしてその上でまず自分の興味があったり、詳しい分野に関しての企画を実現しようとしているICOを選ぶことによってその計画の実現性や問題点などが分かってくるため、何も知らない分野のICOに比べて失敗をしないで優良なICOを選ぶことが可能となります。一方、ICOを行おうとしている企業や団体の経営状況や母体となる企業や団体の経営状況が分かれば調べて、赤字体質なのか黒字体質なのかを知っておくことで将来の倒産による廃止リスクを避けることが可能となります。

投資を行うICOは日本語の情報サイトで探すことがコツ

ICO投資に失敗しないためのコツとICO案件の失敗しない探し方ただICOは基本的に海外の案件が多く、企画書にあたるホワイトペーパーを読むにしてもICOを行う企業や団体などのサイトを見るにしても、英文を読むことができることが重要になります。しかし、英語が読めない場合Google翻訳を活用する方法もありますが、専門的な用語の翻訳に不向きであったりするため、活用したいのが日本でICOを紹介しているサイトになり、日本語でICOを紹介しているサイトにはコイン神社やコインニュースそしてボクシルトークンなどがあります。

コイン神社は公開前や公開中などでICOを探すことが出来ますし、検索窓にキーワードを入力することで該当するICOを探し出すことも可能となります。そして当日に行う予定にしているICOイベントのスケジュールを見ることも出来ます。さらにコインニュースは該当するICOのセール期間や供給量などを分かり易く表にしていいて、分かり易い解説がついていますし、ICOカレンダーでは該当するICOの状態をプレセール中残り何日というように日数を表示していて一目で分かるようになっています。

一方ボクシルトークンはICO専門のデータベースからICO案件を公開中や公開前で措定して探していくころが出来、ICO案件の説明やICOに関わるメンバーの紹介などがなされています。このようにICOを日本語で紹介しているサイトはいくつか存在しているため、そのようなサイトを利用して投資を行うICOを選んでいくことが重要になります。