近年の仮想通貨の投資の話題ぶりが大きくなり始め、スマートフォンだけでも簡単に稼げてしまっている人も存在します。

そういった方々をみて、ビットコインやアルトコイン投資を始めてみたいという方、まだ投資を始めていないけどこれから始めてみたいという方、そういった方々に向けて少ないリスクで学びながら投資を始められるおすすめの仮想通貨少額投資についてご紹介していきます。

仮想通貨で取引を始めるなら少額投資がおすすめ

ビットコインやアルトコイン投資を考えている人は少額投資で始めることがとてもおすすめです。そして、投資をを始めるに必要なことは「資金」と「取引所または販売所の口座」を持っておくだけでビットコインなどの売買を始めることができますので、とても簡単です。

最低投資資金はだいたい1,000円〜から1万円までの間で投資が可能となります。ビットコインの場合、最低取引単価が0.0001BTCとなっており、現在の価格が1BTC=約70万円になっているので、70円程度ということです。ビットコインの価格も変動していくので、自身が登録を済ましている交換業者によって異なりますが、1,000円程度から投資を始めることができます。リスクを気にせずに投資を行うことができるので、初心者の方は少額の元手で勉強しながら投資を始めていくことがおすすめです。

少額投資のメリット・デメリット

少額投資のメリットとデメリットについてご紹介していきます。

・少額投資のメリット
仮想通貨の少額投資のメリットとして考えられるのは、失敗しても大丈夫なリスクを加味して投資を行うことができるので、様々な種類のアルトコインに投資をすることで傾向がわかることができます。昨年、ビットコインの価格が上昇するとともに他のアルトコインの価格も上昇していました。

ただ単一の通貨のチャートをみているだけではわからないことですが、ビットコインやアルトコインに分散して投資をしていることでどういった動向をこれからしていくのかという予測を立てることができます。いろいろなコインを買ってみてはじめてわかることもあるので、少額投資は傾向を知るための挑戦ができるかつ、ローリスクで資産運用できます。

・少額投資のデメリット
では反対に少額投資のデメリットは、少額投資ゆえに大きなリターンを見込めることができないということです。価格の低い草コインに投資をして価格が暴騰するか、現在の仮想通貨が何百倍にならないと大きな利益を得ることができないと考えられます。昨年のリップルの価格の変動が2017年の1月2018年の1月まででおおよそ200倍近くでした。こういった場合では少額投資での爆発的な利益が見込めますが、それ以外では少額投資で大きな利益を見込めることはできないといえます。

少額投資でのメリット・デメリットはこのようになります。

仮想通貨少額投資で儲ける方法

しかし、少額投資で大きな利益が帰ってこないからといって儲けられないということではありません。少額の資金を短期のトレードで増やすという取引の方法も存在します。この際の戦略はこれから上昇しそうなアルトコインを購入し、上がったら乗り換えるという手法を用います。この手法を続けるだけで、いきなり大きな利益につながることはありませんが確実に利益を重ねることができます。資金3万円で始めた場合でも良いトレンドに乗ることができれば1週間で10倍の30万円にまで膨らませることができます。

また、昨年のリップルのように投資したまま寝かせる方法も時間はかかりますが半年〜1年放っておくことで利益を得ることもできます。この方法では仮想通貨に関する知識があまりない状態でも、そのコインの価格が上昇することを待つだけで利益確定できるので、少額で取引を始めるならこの方法も稼ぐためにはいい手法だといえます。

昨年2017年6月のモナコインの価格は0.27円でピーク時の価格は2042円となっており、これも7562倍となっています。昨年の6月時点の1万円で始めたとすると、756万円となります。ですので、買った仮想通貨をホールドしておくのも夢のある話なのかもしれません。

少額投資での注意点

仮想通貨は初心者が少額資金で勉強しながら投資を始められる仮想通貨で少額投資を行うに当たって気をつけなければいけない点があります。

・詐欺でお金が盗まれてしまう可能性がある
ICOとして新規発行で配布されるコインのほとんどは詐欺コインと言われています。ですので、むやみに低い価格のコインを取引するにも危険が伴ってしまうことになります。以前にもカナダの企業がICOで資金調達を図り、莫大な資金を集めることに成功しましたが、実際にその行のオフィスに訪れるともぬけの殻となって頓挫していた事件がありましたが、闇雲に将来性を狙って投資を行うことは危険となってしまいます。

・仮想通貨をしっかりと管理していないとハッキングされる
仮想通貨は自分で管理していないとハッキングされ盗難にあってしまう可能性があります。今年の年始に仮想通貨取引所のコインチェック社でNEMが盗まれてしまう事件が起きましたが、コインチェック社の管理体制のずさんさと共に、仮想通貨とは、しっかりと管理を行わなければ盗まれてしまう危険性があるということが浮き彫りになりました。ですので、少額投資といえども資金管理をしっかりと行うことで無駄なお金を無くさずにすみます。これらが仮想通貨少額投資での注意点となります。

少額投資で必要なこと

少額投資を行うに当たって気をつけなければいけないことは、

・情報のアンテナを張っておくこと
仮想通貨取引を行うに当たって、やはり情報のアンテナを常に張っておくことが大切になります。どの仮想通貨がこれからトレンドとなっていくのか、このニュースのおかげで値上がりが始まったなど、情報によっても仮想通貨のチャートの動きも変わってくるので、いつも仮想通貨の情報収集を怠らないことが少額投資をする際には必要となります。また、仮想通貨の詐欺が横行している昨今ではそういった詐欺に対応するための情報の選択もできるようになるとニュースなどに反応する情報のアンテナの質も変わってくるでしょう。

・ウォレットを用意しておく
注意する点でも述べたように、仮想通貨は盗まれてしまう危険性があります。ですので、交換業者に預けているだけでは安全性を担保できません。トレーダーが仮想通貨を事故お管理することが必要になります。

一番用意しておくべきウォレットは安全性が一番高いハードウェアウォレットで仮想通貨を管理することが盗まれる心配はありません。少額投資の場合、仮想通貨を取引の際に、いちいちウォレットから出して取引するのは少し面倒に感じてしまいますが、長期的に保有する場合はウォレットで購入した仮想通貨を管理しておくことが対策として危険から免れることができます。ですので、仮想通貨のウォレットを準備しておくことが必要となります。これらが少額投資で仮想通貨取引を始める際に必要なこととなります。

仮想通貨のこれからはとても期待が持たれています。現在の仮想通貨の価格としては全体的に横ばいとなっていますが、実際に仮想通貨を決済として取り入れている店舗も存在します。仮想通貨が流用される世の中に少しずつ近づいているので、それとともに仮想通貨の価格変動にも影響を及ぼすかもしれません。ですので、また昨年のように仮想通貨が暴騰する年がくるかもしれませんね。