最近給料が少なくて、副業でも始めようかと考えているあなた、ビットコイン取引という選択も検討したことはあるでしょうか。もし、ビットコイン取引について興味や関心があり、副収入が欲しいという方はこの機会に覚えてみるのもいいでしょう。

しかし、ビットコイン取引は投資の1つですので、投資=ハイリスクで危ないというイメージをお持ちの方もいます。確かにビットコイン投資も元本保証はありませんし、価格変動リスクがあります。それらは、ビットコインに限らず金融商品全てに当てはまることであり、投資の原則である自己責任という前提の下で投資家は自己資金を市場へ投入しています。

ですので、ビットコインへ投資を行った上で、利益や損失が出ても全て自己責任ということは意識することが必要です。それを理解してビットコイン売買を始めたい方に向けて、今回はビットコイン取引の基本といえる口座開設からトレードを始めるまでの流れと、いくらから始めるのがいいのか、ハッキングなどから資産を守るための安全対策について説明します。これからビットコインを始めるにあたって、色々調べている方も今回の記事を読んで準備に漏れがないか確認してみましょう。

ビットコイン取引の基本と流れ

まずはビットコインの意味とビットコイン取引の流れなど、基本となる部分であり大切なポイントを説明します。ビットコインと聞いて、あなたはどのようなイメージをお持ちでしょうか。

法定通貨の円やドルと同じように実際に硬貨や紙幣として、流通しているとお考えの方もいるでしょう。もし、物理的に存在する通貨として認識しているのであれば、間違っていますので基本中の基本といえるビットコイン投資の前から覚えていきましょう。

ビットコインとは仮想通貨の1つで、円やドルのように通貨の名称です。パソコンやスマホなど、インターネット回線に繋がっている端末があれば、世界中どこでもビットコイン売買を行えますしビットコイン資産の管理も可能です。つまり、デジタルな空間でのみ存在している通貨の1つで、決済や送金、ビットコイン取引を行う時は、端末上から操作するのが基本です。

次にビットコイン取引の基本である、取引までの流れについて分かりやすく説明します。ビットコインはブロックチェーン技術によって支えられており、中央サーバや管理者は不在です。その代わりブロックチェーンと呼ばれる新しいシステムによって、自動的に取引や送金の記録や管理を行い各ユーザーの資産も正確に記録しています。また、ビットコイン投資の基本は中央管理者不在という点ですので、一般の方も知っていることも多い仮想通貨取引所を経由しなくとも直接ユーザー同士で売買可能です。

しかし、それには技術的に専門的な知識が必要ですし、1対1ですので市場が小さく株やFXのように活発な取引ができないというデメリットがあります。そこで、現在では仮想通貨取引所内で、ビットコイン取引を行うのが基本として紹介されています。

仮想通貨取引所でビットコイントレードを行うためには、まず口座開設を行います。口座開設には、メールアドレスと個人情報を入力し、本人確認のために証明書の画像を送ります。本人確認も含まれるので、審査には平均で数日掛かります。無事、口座開設が完了したら入出金を行う金融機関を登録して、そこから取引所へ自己資金を入金します。あとは、取引の画面に移動してビットコイン取引を始めるというのが、基本的な流れになります。

ビットコイン取引はいくらから始めることができるのか

続いて、ビットコイン取引を始める上で、多くの方が気になるいくらから始めることができるのか、もしくはいくらから始めるのがおすすめかということでしょう。

まず前者についてですが、ビットコインは2018年9月時点で1BTC=約70万円で推移しています。そして、国内の仮想通貨取引所では、最低取引単位が0,001BTC~0,0001BTCで設定されています。0,001BTC=約700円となり、0,0001BTC=約70円で購入できるレートですので、いくらからビットコイン売買を始めることができるか、ということに関しては1000円の予算があれば可能です。

ただ、実際は仮想通貨取引所によって、取引手数料や入出金手数料があるので少なくとも5000円程度は用意しておくと手数料コストを気にせずビットコイントレードを楽しむことができるでしょう。

次にビットコイン取引を始めるにあたって、いくらから用意するのがおすすめかということについては、取引スタイルや目標利益によって変わります。1つ目は、短期取引を取引スタイルにする場合、10万円程度を用意しておくといいでしょう。短期取引というのは、1日のうちで何度も売買を繰り返して小さな利益を積み重ねるのがポイントです。従って、ある程度資金を用意しておかないと回転率を上げることが難しいといえます。

2つ目は中期取引を行う場合、いくらから始めるのがおすすめかといいますと、1万円からでもビットコイン取引で利益を出すことは可能でしょう。中期取引は、1週間~1ヶ月に1回のスパンでビットコイン取引を行います。投資の基本ですが、価格変動は期間が長い程大きくなる傾向にあるので、自己資金が同じ場合、中期取引の方が利益率も大きくなる可能性があります。

ビットコイン取引の安全性を高めるための対策

ビットコイン取引の安全性を高めるための対策ビットコイン取引を始めるのであれば、利益率や損失管理といったように取引に関する基本を覚えるだけでなく、安全面に関する基本も押さえることが必要です。ビットコインなど仮想通貨のブロックチェーン自体は、セキュリティ能力が高いので取引情報が改ざんされる可能性は低いです。

しかし、仮想通貨取引所へのハッキング事例は比較的多いので、ウォレットに格納している資産が盗難されるリスクを考慮しなければいけません。そこで、ビットコイン取引を続ける上で、資産を守るために仮想通貨取引所に全ての資産を預け入れるのではなく、自身でウォレットを用意して資産管理を行うようにしましょう。また、ウォレットにも安全性と利便性どちらかに重視しているタイプがあるので、大きな資産は安全性の高いウォレットで管理し、ビットコイン投資するちょっとした資産は利便性の高いウォレットで管理する方法もおすすめです。

利便性の高いウォレットはウェブウォレットやソフトウェアウォレット、そしてソフトウェアウォレットにはデスクトップウォレットとモバイルウォレットに分けることができます。次に、安全性の高いウォレットは、ハードウェアウォレットとペーパーウォレットというタイプがあります。まずは安全性を考慮してハードウェアウォレットを購入して、ビットコイン取引の準備をしてみるのがおすすめです。

ビットコイン取引に慣れるためにデモトレードがおすすめ

いきなり自己資金を市場に投入して、ビットコイン取引を行うのが不安という方に向けてデモトレードアプリがリリースされています。デモトレードとは、ビットコイン取引の操作画面や価格変動は実際のインターフェースと価格と同じでありつつも、トレードには自己資金を用いずに練習できる便利なツールです。

代表的なビットコイン取引ができるデモトレードツールは、ビットメックス、ビットバーチャル、QUIOINEX、ビットポイントなどがアプリでリリースされています。どれも自己資金を用いずにビットコイン取引の流れや操作、売買の基本的な感覚を覚えることができるのでおすすめです。また、テクニカル分析ツールも実装しているので、ビットコイン取引の操作だけでなく基本的な分析ツールの使い方なども勉強できます。

ビットコイン取引では売り注文から発注できる

ビットコイン取引というと、買い注文と売り注文どちらから売買ができるのか、疑問に感じている方もいるのではないでしょうか。結論から説明しますと、買い注文と売り注文どちらからでも始めることができます。

しかし、現物取引と信用取引によって、ビットコイン投資の注文方法が変わるので気を付けることが大切です。現物取引からビットコイン取引を始める場合は、買い注文のみ可能となっています。なぜなら、自己資金でビットコイン取引を行うため、手元にないビットコインを売ることはできないからです。

そして信用取引からビットコイン売買を始める場合は、買い注文と売り注文どちらからでも始めることができます。なぜなら、自己資金を証拠金として預け入れて取引所から、日本円とビットコインどちらかを借りてビットコイン売買を行うからです。つまり、ビットコインを借りて、そのビットコインを売りに出して円を買います。そして、売りに出した借りているビットコインを買い戻して、円をどれだけ手元に残せるかが、利益を得るポイントとなります。

ビットコイン取引で売り注文から始めたいと考えている方は、売り注文ができる信用取引から始めてみるのがおすすめです。ただし、現物取引を行っていて、売り注文が買い注文から始める取引と同じと考えている場合は気を付ける必要があります。売り注文から始めるということは、ビットコイン取引においてビットコイン価格が下落する相場で売買を行い、利益を出すのが基本となります。

従って、ビットコイン取引を行う上で、上昇相場と下落相場どちらも分析できるスキルを身に付ける事が売り注文から利益を得るために大切でしょう。